昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

超ひさびさの更新!

前回HSKの話をしている、、、しかも続きを書こうとして、放置している、、、

なんじゃこりゃーーー

結局高級はあと一歩で落ち、さらにその後本気で臨んだ8級も、

最悪のコンディションのため落ちました。。。

もうHSKの話はヤメ!!

で、

いま日本に一時帰国中で、回線早いので、ひさびさに自分のブログにアクセスしました。

近況・・・

今年の1月に北京の中国語学校を卒業した後、東南アジアとか中国南部を

放浪してます。

まだ継続中。

いま、お墓参りやらなんやらで、日本に一時帰国中。

そのあと香港に戻って、また旅を続けます。

気が向いたら、ミクシイの日記とは別に、旅日記書こうと思います。

(ていうか別に旅ブログたちあげたほうがいいんじゃ・・・)
[PR]
# by yokoyoko10 | 2007-08-07 10:26
ぎゃああああ~~~
前の書き込みから1ヶ月もたってるんですが!?

気を取り直して、、
せっかくHSK高級を受けたので、誰かのお役に立つんじゃないかと
気づいたことなどを書き留めておこうと思います。

●報名について
報名は、北京のばあい、原則的に受験する本人が語言大学に直接行ってやることになってます。
写真1枚と400元必要です。(その場で写真をとられて、それが受講証に印刷されます)
どうしても直接いけない人は、代理の人にお願いもできるようで、その場合は
写真が2枚必要です。
普通北京で受験するとなると、語言での受験が普通だと思いますが、
報名が少し遅かったので、座席が足りないのか別の学校で受けることになりました。

●受験当日 10月15日(日)北京外国語大学で9時から開始

●テスト前
受験当日は、ばたばたするのがいやなので、早めに家をでたところ8時20分ころに
つきました。学校は広いので、やはり余裕をもっていくのがいいでしょう。

受験する教室には15分くらい前から入れました。パスポート携帯が必要です。
高級は録音があるので、必然的に録音機材がある学校になると思うんですが、
わたしが使った教室は、かなり新しい機材を使ってる感じでした。
しかし、座席はけっこう狭く、かつ隣りあわせでびっしりと生徒が座るので
ちょっと隣との距離が近い感じがします、、。一応ついたてがあって、隣があんまり
見えないようにはなってますが。

生徒は、見た感じ90%は韓国人のようでした。高校生くらいの若者もけっこういました。
うちの教室は欧米人率ゼロ。日本人が数人いました。

●問題用紙、解答用紙配布
試験開始前に問題用紙と解答用紙が配られますが、解答用紙はマークシートの配置が
違うものが2種類あって、ひとり置きに同じ書式のものが配られるようになってます。
つまりカンニング防止ですね。問題は同じなんだけど、マークの位置が違うから、
パッと見ではカンニングしづらいでしょうね。
実際、怒涛の問題量なので、カンニングする時間すらないと思いますが、、

●聴力のテスト 
ヘッドフォンをつけて聞くので、余計な雑音が入らずに集中して聞けました。
問題は2通り。
比較的長い文章をきいて、ひとつの文章につき3問程度の問題に答えるもの。
中級では、先に答えをみて問題を推測するっていう小手先の技を使いますが、
高級ではそんなのは通用しない感じ。ほんとにちゃんと聞き取らないとわかんない感じ。
でも、語彙自体はそんなに難しくなくて、スピードも普通でした。
日ごろ普通に中国人と話していたり、テレビを見慣れていれば、そんなに難しく感じないかも。

もうひとつは、インタビュー形式。会話形式のすこし長めのインタビュー(3題)を聞いて、
3問くらいの問題に答えます。1題目は、声を聞いた瞬間に誰かわかりました、、、
バスケ選手の姚明です。でもインタビューの中では、誰なのか明らかにされなくて、
問題の中に、「彼の職業は?」みたいなのがありました。
音がちょっとこもり気味。おそらく試験用ではなく、普通に中国人に聞かせるための
取材という感じでした。

このレベルになると、対策があるのかどうかよくわかりませんが、日常的に
テレビ、ラジオを視聴するなかで、聞き取れなかった言葉や意味がわからない言葉を
かきとめて語彙をふやしていくといいのかもしれないです。

・・・今日はこのへんで。また続きを書きますー
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-10-24 18:40

カフェが好き

カフェが好きです。
もうだいぶ前になりますが、雨後のたけのこのように、東京にオープンカフェやら
ダウナー系カフェが増えたときに、わたしも例にもれず、「カフェ好き」を自認して
カフェはしごしてました。
が、「SPA」で「カフェカフェいう人間を『カフェバカ』という」という定義づけを
見た瞬間に、「わたし『カフェバカ』かよ」と衝撃を受け、しばらく封印してましたが。。。
まあ世の中のほとぼりが冷めた頃に、また自分の中のカフェ熱が再発したわけです。

北京には、「おやっ」と思わせるカフェがけっこう点在しています。
外人が多いことがあきらかに影響してると思います。
でも、外人の溜まり場になってるカフェって、やはりあんまし好きじゃない。
往々にして、白人男性と髪が長くて鼻にかかる英語を話す中国人女性のカップルが
大挙してやってくる。落ち着かない。

その辺は多少目をつぶりつつ、いくつか気に入ってるカフェがありますが、
最近のヒットは
オープンしたての「彫刻之光」 北京航空大学店!

適度な静けさや外の光の入る感じ、ここにある「空気感」はかなりいい感じ。
ちょっと面白いのは、ここは横が高級テニスクラブになってて、テニスをやってる人を
斜め上から見下ろす立地なんです。
ここは、読書も考え事も、すごくはかどる。
しかし、いかんせん、うちから遠すぎ。(あとキャンバス広すぎ)
でも、素敵なカフェを見つけたときのうれしさは格別、だからカフェ好きはやめられない!
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-09-11 17:29
男性の知人が、横山秀夫の警察小説がすごく面白い、といってくれました。
二晩で一気に読み終えました。その面白さは超一級といっていいと思います。

その小説には、3人のまったくタイプの違うリーダーがでてきます。
過去に傷のある孤高のリーダー、人の痛みをねちっこくつくリーダー、
動物的カンをもつ直情型リーダー。
そして彼らの間(すべての登場人物の間)には友情などまったく芽生えず、
常に自分が前にでようと覇権争いをしている。
恋愛小説にでてきそうな、デキル男とか話のわかる男からはいずれも程遠い人物設定で
女性が読めば、たぶん誰にも感情移入できない。
でも知人は言いました。自分は3番目に近いけど、好きなのは1番目のリーダーと。
男性だったら、そういう読み方をするんだ、と驚きに近いものを感じました。

警察小説、ヤクザもの、ハードボイルド・・・
男性がこういう読み物や映画に自己投影したり感情移入することが、
やっと実感としてわかった気がします。

自分と生きる世界がまったく違う主人公のなかに、
その彼が孤独であればあるほど、傷が深ければ深いほど
自分の中にある深い情念とか暗い部分をさぐりあてて、
男性読者が自分を重ね合わせているとするならば、
強引に結論づけますが、それはロマンチックと言い換えていいと思います。

それに引き換え、女性はドラマチックなことに強く心を奪われる。
白馬の王子様願望はまさにそうだし、ストーリーがドロドロしてるほど
舞台がワールドワイドであるほどに、女性は盛り上がるようです。
わたしの昔の愛読書「スクループルズ」なんて、貧しい家の子がなりあがって
ファッション業界を牛耳るっていう、絵にかいたようなドラマチック展開。

横山秀夫からなんでここまで話が発展するんだっていうこじつけ気味の展開ですが、
(しかもかなり言葉たらずですね・・・)
この説はもうちょっと熟成させてみます。
とにかく「第三の時効」、ほんとに面白い!(なんだこのオチ・・・)
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-08-27 20:32
いま、熊本の実家に帰省中です。
中国に飛び出してから3年ちょっとたったのですが、日本に帰国するときの
感じ方とかすごし方がだんだん変わってきた気がします。

以前は、日本に帰ることは予定を消化することで、とにかくぎっちぎちに
予定がつまってて、買いたいものもたくさんあって、帰国する前から
段取りがはじまっていて。

日本に帰る前から一種の戦闘態勢で、一刻たりとも無駄にするものかと
頭も体もフル回転する感じ。日本についた瞬間にかちりと「日本モード」に
チャンネルをあわせて、勢いで短い滞在期間をのりきってました。

それが、ここ半年ほど、(普通の留学生よりは、わたしは多く日本に帰ってるほうだと
思います。去年なんか毎月帰ってるときもあって)
日本についたあとに、日本モードに戻るのに、だんだん時間がかかるように
なったような気がするのです。
食べたいものや買いたいものがとっさに思い浮かばなかったり、
テレビも別に気にならないし、そもそも予定もそんなに入ってない。
大好きな本屋でさえ、帰国後1回目は、面白そうな本がすっと自分の眼の中に飛び込んでこない。(本屋は、1日に何回も、毎日毎日足を運びます)
滞在3日目くらいから、自分のアンテナに引っかかってくる感度がだんだんあがってきて、
同時にいろんな欲求にエンジンがかかってくるんだけど、
そうなると今度は微妙に時間がたりないうちに帰国。

今日、滞在4日目。テレビでお笑いをみてて、ようやく声をあげて笑いました。
そういえば、焼きそばを食べたくなってきた。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-08-08 23:41

絵をかくこと

以前広告の仕事をしているとき、わたしがもっとも信頼している先輩に
相談ごとをすると、「どんな絵をかいてるの」とよく言われました。
禅問答のようだけど、つまり、どんなヴィジョンがあるのか、着地点をどうとらえていて、
そこにいたるまでの「絵」がきちんとかけているのか、というようなことです。
営業に求められる非常に重要な資質です。
絵がきちんとかけていれば、スタッフをそこに導いていけばいい。

わたしは絵をかくのが下手でした。
正確にいうと、絵をかく訓練・鍛錬をしていないからかきかたが全然わからず、
そういう意味で、わたしの周囲のスタッフはずいぶん苦労したと思います。

30歳をむかえるころに、ようやく絵がかけるようになってきました。
こういう提案をしたい、というのを明確に出せるようになったら、
コンペの勝率もだんだんあがってました。

中国に行きたい、と思いついたのが確か31歳のとき。
そのときから、自分の人生の絵をかくことが、だんだん自然な思考回路になるようになりました。
それは、人生を逆算して考えることでもありました。
たとえば2年後のこの時点でこうなっていたい、こういうことをしていたい、
じゃあ今何をやるか、というように将来から今をみる感じ。
そのスパンが長くても短くても、自分が着地したいイメージが具体的にビジュアルになって
目の前にうかんだら、それは成功したこととほぼイコール。
そして、ほぼ、そうなっている。

いま仕事してて、ある大きな業務を受注して、売上をとにかくあげたいという
チームの考えを聞くと、受注したあとの体制作りとかスケジュール管理とか、
将来的にどう拡大したいのかとか、そういう絵がぜんぜんかけてないからびっくりする。
その業務を成功に導くための情報が少なすぎて、窓口であるわたし自身が、
絵をかけていない。そのことの不安を訴えても、楽観視され、売上額の算段ばかりしている。
上司が日本人ではないことによる、仕事に対するカルチャーのちがいなのか
言葉の問題なのか、まだよくわからないんだけど。。。
いま見えてしまっているのは、受注しててんやわんやになっているイメージ。
これを現実にしないようにするには、効率的にさくっと進めるイメージを浮かべて
そこにはまらない出っ張りを矯正していく感じです。

こう書くと、ずいぶんロジカルな、成功者のように見えるかもしれないけど(みえないか)
実際は、勉強しながら仕事する、北京の一苦学生(?)にすぎません。
ただ、昔から直線的な人間だったけど、さらに遊びの部分が少ない人間になっちゃってるかも。。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-07-22 12:10

急に、村上春樹

わたしは、村上春樹にまったく興味がありませんでした。
「ノルウェーの森」、ベストセラーになったときに、一応読んでみたけど、
読後感も、ストーリーも、なんにも覚えていない。

5月に一回帰国したときに、重量を気にしつつ厳選してもってきた本の中に
彼の「シドニー!」という文庫本をつっこんできました。
これは、シドニーオリンピックの記録集みたいなものだったから、いわば北京オリンピックの
参考書代わりにもってきたのです。(まあ実際はぜんぜん関係ないんだけど)

夏休みがはじまるまで、たまに日本語の活字を読んでも、常にニュースとか参考書とか
ビジネス系とか。小説めいたものを読む時間も、余力も、まったく残ってなかった。
夏休みをむかえて、ようやく手に取った「シドニー!」
そこでわたしは、びっくりしたんです。

なんてフラットなんだろう、と。
行動も、視線も、筆致も、ことさらに特別めいたにおいを感じさせない。
出版社のお金で取材にきているわりには普通の人と同じようなホテルにとまり、電車で行動し、
普通の人と同じようにキャシー・フリーマンの400M金メダルに感動しつつ、つまらない出来事には悪態をついてみたり、
そしてそういうときの心のひだとか空気みたいなものを、仰々しさをみじんも感じさせず
自分のピッチで普通につづっている。

これはまいったなあ、って思いました。
シドニーオリンピックのころに彼は51歳で、その年代にして、こんなにつるりとした、
おやじくささとは対極にあるものの見方とか筆の運び方があるのだなあと思いました。
むしろ危険なのは、彼の文章は、まねできそうな錯覚をおこすことかもしれません。
爽快な映画をみたあとに、主人公のイカした感じをなぞりたくなってしまう感じに
にてるかもしれない。

彼の小説を無性によみたくなりました。
エッセーと小説では、またずいぶんちがうのかもしれないけど。
とにかく、ニュースとか参考書とはちがう日本語に、すごく触れたくなりました。
日本人が幸せなのは、同じ母国語をもつ彼のような人の文章を、彼がかいたまま
そのまま読めることだと思いました。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-07-12 02:33

続・中田考

い、いかん、、、
ミクシイにも日記を書き出したら、こっちが完全に間があいてしまった。

え~っと、ひきつづきナカタの話でも。
(なにものだオマエはという声、ごもっとも)

わたしが今いちばん気になってるのは、彼の今後の肩書きが
どうなるのかです。
当面、ニュースでは「元サッカー選手の・・」って言われるだろうけど、
じゃあ、本職はなんなんだっていう。
一応東ハトの役員やったり、カフェ経営とかやってるみたいだけど、
実業家って感じでもないしね~。
まあ将来的にはそういう方向なんだろうけど。
彼の頭脳がいかほどのものか知りませんが、もしハーバードに入ったら、、
「学生」
わたしとおんなじじゃん!みたいな。

そして、彼が今後どういう立場でメッセージを発信するのかも気になる。
彼は、いままで彼を応援してきたファンと、どういうかたちで接点を取り続けるのでしょう。
というか、いままで彼を応援してきたひとは、突然ほうりだされたわけで、
いくら「みんなの応援があったから、それを信じてサッカーをやめられる」って
いわれても、それで中田はいいとして、ファンはけっこう微妙な立場におかれると思います。
彼の人間的カリスマにひかれている女子はおいといて(まあわたしもその口)、
純粋に彼のプレーにひかれていたスポーツファンやちびっ子は
ぽーんとサッカーをほうりなげた(彼自身は何らかの形でサッカーはつづけるとはいってるけど)
彼を、どう扱ったらいいんでしょう。

いずれにしても、面白い人ですね。
旅行してリフレッシュするっていってるけど、北京にもあらわれてくんないかな。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-07-05 20:06
ワールドカップ日本敗退が決まってしまった日の晩、
友人と一緒にごはんを食べていたときのこと。

「わたしは中田と同じ誕生日(1月22日)だからシンパシーを感じる」
とつい言った一言に、友人が猛反撃。

「わたしは友達と同じ誕生日だけど、ぜんぜんわかりませんよ!」
「お姉ちゃんと同じ誕生日だけど(それもすごいが)、なにも感じない」

あれ~?そういうもの?
中田の一匹狼的なところ、でも友達との時間をとても大事にしてそうなところ、
安住の地にとどまることなく転々とするところ、そしてとても傷つきやすそうなところ、、、

なんかすごくよくわかるんだけど。

「じゃあ、成田とかでへんなマフラー巻いて出てきちゃうところもわかるんですか?」

わかる、わかるんだよ~
あとになって、なんか違ってたと思っても、もう言い訳しないんです、そういう場合。

あと、同じ誕生日で大塩平八郎ってのもいるんですけどね。
江戸時代に幕府にたてついたひとなんだけど。
これも、、、なんかわかるな~
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-06-24 12:56

4年前のワールドカップ

さて、とにもかくにも世間はワールドカップなわけで、
ここ北京でもけっこう盛り上がってます。
テレビでこれでもかってくらいとりあげてるんだよね。
中国はでていないのに。
なんとなく、オリンピックにむけて国民の関心をスポーツにむけようとする
国策のような気もしなくもないです。

ところで、4年前のワールドカップのとき、わたしは銀座で働く会社員でした。
で、そんときの直属の上司ってのが、大のサッカー好きだったのです。
所属する部の中で宴会担当だったわたしは、
その上司から、平日にある日本戦(ベルギー戦とチュニジア戦)を部員全員で
観戦するから、デカいモニターのあるレストランなりバーをおさえろ、という
ムチャクチャな要求をされました。
ひたすら調べて、もちろん場所とりましたけどね!

夜6時からのベルギー戦は、六本木のトルコ料理屋で。
広告会社という仕事柄、ふつうは6時に集合というのはかなり難しいんですが、
みんな時間をやりくりしてやってきました。
このときは引き分け。ちょっと不完全燃焼。

そしてチュニジア戦。これは、たしか真昼間だったと記憶してます。
上司公認で、恵比寿のダイニングバーでビール飲みながら観戦。
これも部員全員、都合つけてやってきました。
このときは勝ったので、おっしゃ~!!と盛り上がりまくり。

もう4年たったなんて。
いまの生活は自分で選んだものなのでもちろん気に入ってますが、
ひーひーいいながら仕事してたあの頃も、たまには息抜きしながら、
キラキラとした時間をすごしてたなって思えるのです。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-06-15 17:28