昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中国式買い物でぐったり、の巻

明日から中国は国慶節の大型連休。
おおかたの日本人は日本に帰国してしまい、うちの会社は一応営業しているものの「開店休業」状態。
で、時間があったので、中国人の同僚とオフィス家具を見に行った。

同僚がつれていってくれたのは、明らかに地元民しか行かないような、倉庫っぽい雰囲気の家具屋で結構安いらしい。日本のような美しいディスプレイではない。電灯はうすぐらく、床にごみがたまり、商品がそっけなく大量に陳列されている。・・・んー、うきうき買い物気分にはまったくなれない。
値札はついていなくて、言い値である。同僚は、これと決めた商品を手際よく値切っていく。買った家具はどうするのかというと、配送してくれないから、自分で運転手をみつけて交渉するらしい。言われてみると、やる気なさげな男の人が店内をぶらついている。彼らが運転手らしい。
で、同僚はある運転手と交渉不成立に終わってしまった。ちょっと金額をふっかけられてしまったのだ。ほかの運転手にあたろうとすると、運転手とその仲間3人が、ずーーっと跡をついてくる。同僚は、交渉する際に彼らがじゃまにはいるに違いないから、交渉できないとかなりいらだち、「もう来ないでよ!」と罵声をあびせた。
が、どこにいっても、ずーーーーっとついてくる。値引きにも応じるというが、同僚は「もういいからあっち行って!」かれこれ30分・・・気味が悪いし、なにより疲れた・・・。
家具を買った店に、別の運転手を紹介してほしいといったところ、彼らもお金がなくて困ってるから使ってあげてよ、みたいなことを言われたらしく、同僚いわく「共産党の発想でほんとにイヤ」となげいていた。
最終的に、同僚が「運転手変えないならもうお金払わない!」とタンカをきったことで、ようやく別の運転手を手配できた。
・・・ちなみに、ふっかけられた金額の差額は40元。(500円くらい)
わたしだったら、30分うろうろするよりもその料金で手をうってしまうだろう。
でも、はじめにふっかけておきながら、途中で値引きに応じようとしたその運転手を使うことは彼女のプライドが絶対に許さない、というのはよくわかった。
そして、早速おんぼろトラックに家具をのせて、自分たちも乗って会社に戻ってきた。同僚も、戦いに勝ったんだか負けたんだかよくわからないような状態でぐったりしていた。彼女いわく「もう中国はこういうところがイヤ」

・・・わたしは家具を買うならIKEA(大連にはない・・・)やフランフラン(もちろんない)や無印(これまたない)で普通に買いたい・・・
[PR]
by yokoyoko10 | 2004-09-30 17:29