昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2046

中国では9月末から公開してます。
で、行ってきました。
しかし、恐れていたことが・・・

普通語にふきかえされてるーーー!!
ばかばかー
トニーの歌うような広東語が聞けないじゃん!

ウォン・カーウァイの映画は、普通語と広東語がちゃんぽんになっている。
「花様年華」ではさらに上海語が加わっていた。
実際にこんな会話が成立するのかは知らない。
でも、ウォン・カーウァイは、彼の映画の中ではそれをアリにしてしまった。

キムタクのナレーションやセリフが日本語のままだったのがまだ救いか・・・
そういえば、ベッドシーンも短くカットされていた。

トニーのセリフは、ただの説明の音声となってしまい、映画からは匂いたつような温度や湿度が消えてしまった。
あぁ・・・

気を取り直して、これから日本でご覧になるかたへ
ストーリーや人物の相関関係がわからないと映画にのめりこめない、というひとは「花様年華」をおさらいしたり、多少は情報を仕入れていくほうがいいかも。
トニーをとりまくいろんな女性がでてくるけど、ウォン・カーウァイが上海の記者会見で饒舌に語ったことを調べれば、監督がそれぞれの女性にこめた役割や想いがわかるだろう。

でも、必ずしもそういった情報で頭を満たしていかなくても、たくさん「感じる」ことのできる映画だと思うよ。目も、耳も、いろいろ感じるものがあると思う。

わたしは、もうじき出るであろうDVDをまた観るつもり。もちろん海賊版。
[PR]
by yokoyoko10 | 2004-10-10 13:18 | 映画