昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ヒクツ理論

以前話した「ピュアピュアちゃん」のほかに、カナダ人と言語交換をすることになりました。
なぜに台湾でカナダ人と!?
授業のあとによく行く喫茶店で、仲間内で話していたところ、となりのテーブルで
勉強してた彼から「日本人?日本語おしえてください」と突然いわれ、ついつい握手してしまいました。(なんとなくなりゆきで・・・同席してた友達は「どこに向かおうとしてるの?」と爆笑)

Rくんは、4ヶ国語(中国語も)ぺらぺ~らで、かなりクレバーなヒトです。
日本語はたった一ヶ月、独学で勉強してたらしいのですが、質問がピンポイントで、
あ~語学の達人は、自分に必要なものがわかってるのね~って感じ。
で、わたしはといえば、英語を習ってます。ま、ネイティブの言語を習おうかなと思って。
しかし、脳のほとんどが中国語に奪われているため、英語がでてこないのなんのって。
多くの人が経験することですが、英語を話してるのに、中国語とのチャンポンになってくるのです。
Rくんからは中国語禁止!といわれ、死にそうになりながら英語を話してます。
・・・なにも死ぬことはないんだが。

なんか、英語を話してると、だんだんヒクツになってくるのです。
話せないもどかしさに加え、これでも8年英語を学習している(濃度の濃さは別として)
のに、子供以下の会話しかできないという恥ずかしさ。
Rくんは、なぜわたしがやたらと「へへ」と笑うのかわからないらしいのですが、
日本人っちゅーのは、恥ずかしかったり情けないと笑っちゃうんだよ!!

そして、なぜか会話が自分の思ってる方向に流れていかない、「なんか違う」感。
Rくん:「じゃあ、今日1日、なにやったか言ってみて(この時点で4時)」
わたし:「えーーっと、11時に家をでて、ごはんたべて、授業にでて、ここに来た」
(所要時間5分、時制・単語ともボロボロ)
Rくん:「じゃー、1週間のうちに、君はどんな趣味に時間をついやしてるの?」
わたし:「えーっと、映画にいく」
Rくん:「え、毎週?」
わたし「(そんなわけはないのだが、話の腰をおることもできず)行く」
「あと、毎日ネットを2、3時間くらいやる」(そんなことないのだが、なぜかテンパッて断言してしまう)
Rくん:「えー、目が悪くなるよ。じゃあ、スポーツはやらないの?」
わたし:「しない。(毎週やってる太極拳は記憶のかなたにすっとんでいる)」

・・・なんかわたしってすごくつまらない人間に思えてきた。
あげくの果てに、「わたし変わってるのよ」とまで言ってしまい、10歳近く年下の彼から
「君はまだ若いよ!世の中のことはエブリシング・イズ・オーケーだよ!」といわれる始末。

すべては「英語をとりまくヒクツ理論」のせいです。
ぶっちゃけますが、わたし、日本で某G●B●に50万払って半年通って、通う前よりTOEIC50点下がりましたから!!

でもわたしもいい年をした大人なので、ヒクツになる自分のメカニズムとうまくつきあって
克服していきたいと思います。
・・・っつーか、英語じゃなくて肝心の中国語をやれよ!!って話なんですが。
[PR]
by yokoyoko10 | 2005-04-28 23:29