昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2004年 08月 22日 ( 2 )

今日、家の近所でCD屋をみつけました。
小さい店なんだけど、オーナーは音楽が好きなんだな、と思えるラインナップ。
そこで発見してしまいました。「TIESTO」のVCD!
オリンピック開会式までわたしは名前すらも知らなかったのだけど、事前情報の盛り上がりをネットでみて、こりゃーチェックしなきゃいかん、と思ってたのに当日爆睡。
中国でその後開会式が再放送されることは二度となく(ヤオミンの旗手姿はいやっちゅうくらい見たが)、あ~惜しいことをした!と思ってたのです。
で、VCD2枚組を30元で購入。(あとで調べたら2003年5月10日にオランダのサッカースタジアムで8時間ぶっ続けでやったライブでした)

きゃあああーー、カッコよすぎ!!
わたしはトランスとかレイブとかには特に興味はなくて、彼の音楽がそういう範疇にはいるのかよくわかんないけど、彼の音は、すごく躍動感があって、かつアタマもココロもノックするようなヒューマンな感じがしました。もう勝手に体が動くね。
コンサートの演出ももちろんカッコいい。コラージュしたような映像と、光と、闇が音とシンクロしたり、サンバにあわせてリオのカーニバルみたいな女の人とかいろんなパフォーマーがでてきても彼の世界観は崩れるどころか広がっていく感じ。

開会式で彼をスタッフィングした人、マジでセンスいいな~!!
[PR]
by yokoyoko10 | 2004-08-22 23:55

洗濯には気をつけよう

昨日、瀋陽出張から戻ってきました。
瀋陽は、事件のイメージにひっぱられて、街が「すすけて」て、「がさついてる」ところかと思ってたんだけど、そんなことなかったです。さすが遼寧省の省都だけあって、りっぱな都市でした。発展段階にある町の勢いをひしひしと感じるところでした。
中国で生活していても、よくないイメージを引きずってしまってたくらいだから、日本からの観光誘致にもけっこう影響しちゃってるんじゃないでしょうか。イメージって怖いなあ。
今回生き帰りは汽車を利用したんだけど、広州で生活していたときに「駅」「汽車」はおそろしいものという刷り込みがされていたので、今回の汽車も利用するまでちょっと抵抗があったんだけど、ぜんぜん普通。というか華南がおかしいのだろうか。
広州駅近辺はおそろしくて近寄れないし、深セン駅なんて、まじ怖いっすよ。駅前の歩道橋で真昼間に日本人男性が刺されたって話も聞いたし、盗みや詐欺は日常茶飯事。
瀋陽にいく、というと大連人から「気をつけて」とよく言われたけど、普通にしてたら大丈夫そうでした。

で、今日出張のにもつをかたづけて、さっき洗濯したんですが・・・
洗濯機をまわしおわって衣類を手にすると、細かい紙くずがいっぱいついてる。
紙切れやティッシュをポケットにいれて洗濯するとやってしまう、あれです。
で、気がつきました。汽車のチケットをポケットにいれていたことを。
こっちは汽車の切符はもって帰れるのです。
で、これが何を意味するかというと、出張清算が困るのです。
切符が発票(領収書)がわりなので。
・・・やっちまった。
[PR]
by yokoyoko10 | 2004-08-22 16:07