昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2004年 12月 01日 ( 1 )

日本に帰国して、初めて動くヨン様、そして熱狂する方々の映像をみた。
書店の「韓国コーナー」の出版物の異常な多さにも度肝をぬかれた。

昨日、うちに所用でお坊さんがきて、「ヨンに狂ってるご婦人がたはおかしい、
娯楽が生活の中心になっている」と苦言を呈していた。
そういう、ちょっと苦々しい見方は男性陣に多いのかも。

で、私もついでに語ってみたくなってしまいました。
そもそも、ヨンの笑顔は、うそくさく感じられてならなかった。「目が笑ってないんじゃないか」「家族=ファンってほんとに思ってるんだろうか」
その疑問は月曜のスーパーテレビで払拭された。このひと、プロだなあって思った。
そのへんの日本のタレントよりも、プロ意識がとても高くて、ファンの心理をちゃんとわかっている。そういうヨンの本質を見抜いたおばちゃんたちの目は肥えている、と私は思う。
そして、マスメディアや観光業界を軽々と動かしてしまったおばちゃんの経済力や影響力も拍手ものだろう。いまの男性陣に、こんなに世の中を動かすパワーがあるんだろうか。
おこづかいやへそくりを一生懸命ためて、好きな人に一歩でも近づこうとするおばちゃんのパワーは非常に前向きで、たくましくて、ある種美しい。

わたしの結論は、ヨン様現象へのやっかみは「ひがみ」である。というものです。
遅ればせながら、「冬ソナ」そのうち見よーっと。
[PR]
by yokoyoko10 | 2004-12-01 18:22