昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:旅( 1 )

「小桂林」で農村体験

日本に「小京都」があるように、大連の近くにも「小桂林」があります。
氷峪溝という大きな景勝地の中の一部らしいんですが、ここは「地球の歩き方」にものってません。ホームページの旅行記もごくわずか。

ここを教えてくれた友達と、この週末にいってきました。
土曜の朝に大連をバスで出発。このバスは、出発するバス停でオンラインでチケットを発券したわりには、途中でどこからでも人をのせるという超ラフラフなバスでした。オンラインの意味ないじゃん。
来る途中はずーっと、とうもろこし畑が続いてました。4時間で氷峪溝に到着。
宿はきめてなかったけど、10元宿であっさり交渉成立。10元って・・・130円ちょっとだよ!
宿はこぎれいで、人のよさそうな夫婦がやってました。トイレは外のぼっとんで、トイレの横で豚が一頭死んだようにねてました。水道はないみたいで、樽から水を汲む、という
あ〜農村にきたな〜って感じ。
風呂は、ときいたら「裏に大きな河があるよ!」ときたもんだ。たしかに水浴びしている人がいました。
昼ごはんを食べた後、氷峪溝へ。入場料100元・・・高い。
でも高いだけあって、フェリーあり水遊びの施設ありでかつまあまあキレイで、ちょっとしたテーマパークって感じでした。桂林にいったことはないけど、なんとなく桂林度は50くらい・・・って感じかな。とにかく広くて、歩いたりいろんな乗り物(電気自動車とか船とかバイクとか)を乗り倒して、半日遊びました。
しかし、自分が異様に汗くさい・・・バイクが水の中につっこんだこともあり、足も靴もぐちゃぐちゃ。でもさすがに河浴も気が進まなかったので、この日は風呂をがまん。
宿で手足と顔だけ洗って、体をタオルでふいて、これが農村か〜って感じ。
そういえば昔、内モンゴルにいったときも3日くらい風呂にはいらなかったような。
昨日は10時には寝てしまいました。
夜、トイレにいくときに、外はまっくらで、懐中電灯のライトもきえかけて、あやうくかえるをふみそうになったり、豚がおきだしてブヒブヒいってる隣で用をたす、みたいな・・・。

今朝は6時過ぎのバスにのって、10時には大連についてしまいました。
ということでプチ旅行おしまい。
私は農村では生活できない、と強く感じつつ、あ〜面白かった。a0037789_12221414.jpg
[PR]
by yokoyoko10 | 2004-07-25 12:21 |