昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

GOGO BANGKOK

明日から学校の夏休みです。
ってことで今日の夜から30日まで、バンコクにいってきま~す!
しかし、構想だけはあったものの、チケットの手配は先週末、
ホテルのフィックスは昨日、とばったばたになってしまいました。
たかが一学生なのに、なんでばたばたなんだ?と思い返してみたけど、
なまよんを見に行ったり、
若手俳優の記者会見に潜入(「日本」のプラカード持ってたら新聞にのっちゃいました)したり、
5時間半たちっぱなしでライブにいったり、カラオケで夜の2時まで歌ったり・・・
芸能(ちがうか)活動しかしてないような・・・???

今回いちばん期待してるのは、ホテル。
といっても、ガイドブックにのってるような豪華ホテルじゃなくて。
(でもスコタイいつかいきたい。。。)
「金のホテル 銀のホテル」という本で紹介されていた、
リフレクションズというところをチョイスしてみました。
30室ほどの各部屋をいろんなアーティストが内装を手がけたようで、
超プリティーーーー!!!
料金もそんなに高くない。
予約はめちゃくちゃめんどくさかったけど、期待通りなら許す!
ここは数日とまって、あとは現地調達。

また報告しますねー!
[PR]
by yokoyoko10 | 2005-08-25 14:45

生ヨン

a0037789_23251543.jpg
今日行われたファンミーティングに行ってきました。
3000席はあろうかという体育館(これでも日本的には少なすぎるはず)で
おそらく入場したのは7~800人くらいでは?
2階席はガラガラ。いったいどんな仕切りをしたらこうなるんだ!?

10:30に登場したヨン様は、すぐ帰るのかと思いきや、
台湾人の歌やら踊りやらを見て拍手をおくったり、
抽選会でくじをひいたり、もうすぐ誕生日ということで送られたヘンなケーキを
大事そうに眺めたり、1時間半近くのファンとの交流を楽しんだ様子。
「みなさんのことを忘れません」「必ずまた来ます」という内容の中国語で締めて
会場をあとにしました。

段取りもファンやメディアの整理もかなりぐちゃぐちゃでしたが、
おそらく彼は心から楽しんだのだと思います。そう思いたい。
ほんとにたくさんの笑顔を残してヨン様は帰国していきました。

しかし、、、台湾で、アジアのスターはほとんど見つくした感が・・・
残るは、トニーとピと金城!

(写真は、台湾の民族舞踊を愛でるヨン様)
[PR]
by yokoyoko10 | 2005-08-21 23:26

ヨン様がやってきた

昨日から、ヨン様が映画のプロモーションで来台しています。
日本のファンはもちろん来ているようですが、世界各国から、ヨン様見たさに4000人
集まったとも言われています。
地元台湾でも、かなりのファンがいるようです。

とはいえ、日本に比べると、人口の絶対数も少ないわけで、
ヨン様の追っかけの数も日本に比べるとそう多くないといえるでしょう。
(ちなみに空港に集まったのは400人、昨日の夜の手形押しイベントは300人)
しかも、台湾のメディアは、基本的に大物スターの行程はわかるかぎり明らかにするんです。
ニュースチャンネルが6局ほどありますが、1日中密着状態で彼の動向を伝えています。
りんご日報という新聞では、今日の紙面で5ページも割いてました。
ここまでの特別扱いは、見たことないです。
(いままででわたしが記憶する限り、紙面が大きかったのは唐沢寿明でした)
とにかくメディアはべたぼめで、
「1日にあなたは何時間笑えますか?ヨン様は1日に10時間も笑います」
というトップ見出しが。
(これは、昨日朝10:30に飛行場についてから、一連のイベントをおえて
ホテルにもどった夜10時頃まで、ずっとほほえんでいたということ)

ヨン様は明日までいます(午後4:30の便)が、生ヨンさまを拝める機会は、かなり高いといえます。
ということで、これを読んだ日本の方、まだ間に合うかもしれませんよ!
[PR]
by yokoyoko10 | 2005-08-20 11:22

雲門舞集が舞った夜

今日は、台北市民に政府からの粋な贈り物。
台北市の中ほどに位置する中正紀念堂で、台湾でも屈指の創作舞踏集団といわれる
「雲門舞集(クラウド・ゲイト)」が無料公演を行ったのです。

湿気も少なく、風が少し出てきた夜。
ちびっこからお年寄りまで、1万人あるいは2万人?の人たちが集まってきて
思い思いの場所に座ってます。
夜の7時半に開演した舞台は、これまでに見たこともないような幻想的で
非日常的な、それはそれは美しいものでした。
「紅楼夢」という小説を下敷きにしているので、ストーリー仕立てになっていたようだけど
正直、意味はわからず。。。
でも、動作や人物設定に意味を求めなくても、十分にすばらしさを味わうことができました。
バレエと東洋的な動きを融合したような動作、花模様やシフォンの布をたくみに操るダンサー、
ピンクの紙ふぶき・・・

以前、この集団が香港で公演を行ったという記事を読んで、いずれ見てみたいと
思ってたんだけど、こんな形で実現するなんて、ほんとラッキー!
しかし、彼らのギャラといい、大掛かりな舞台装置といい、いったいどこから
お金がでてるんだろう?
いずれにしても、台湾は芸術的活動にはかなり力を入れているようで、
あまり肩に力をいれずに日常的に芸術に接することのできる機会が、
わりと多いと思います。
台湾万歳!
[PR]
by yokoyoko10 | 2005-08-15 00:16

情人節のプレゼント

きのうは、陰暦の7月7日で「情人節」でした。台湾では、織姫と彦星伝説をベースとして
「第二のバレンタインデー」みたいな位置づけになってます。
2月ももちろんバレンタインデーがあります。
日本と違うのは、どちらも男性から女性に贈り物をすることなんです~!

といっても、他人事と思ってたら、
もらっちゃいました。

「流星花園」のDVDセット!!

いまごろ~?という声も聞こえてきそうですが、ちょっとずつしか見てなくって
最近無性に見たくなってたのです。
それに、ドラマの言い回しは、中国語を勉強する上でとても役にたつ!
いや~、ほんとにイイモノをもらった。ふふふ。

ところで、うちのクラスのアメリカ人男性は、思い続けていた台湾人と、
昨日一緒に食事をして、お互いの気持ちをたしかめあったようです。
彼曰く、「ぼくたちは毎日が情人節だ」だって。。。
めでたしめでたし。
[PR]
by yokoyoko10 | 2005-08-12 18:48

あのお方がやってくる

8月19日に、台北に、あの大物がやってきます。

まずは「ヨン様~!」 「四月の雪」のプロモーションです。

そして、トニー! 「2046」をケーブルテレビで放送するというプロモーションとか?

どちらも、特別ファンというわけではない。。。が、ここはぜひとも
「生ペ」「生トニー」を拝んでみたい気がしてきました。

(追記)
・・・書いた時点でこういう予定だったんですが、その後トニーは、ぺとの
バッティングを避けるために、スケジュールを早めて18日に台湾入りしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えっと、いつもこんな↑話ばかりなので、たまには自分の話でも。
最近、引越しました。1Kの彼の家に居候してましたが、
これを機に、いきなり3LDKに!
いや~、広いっていいっすね。

あとは、中国語のほうですが、中国で生活してたというそこそこのベースがある状態で
台湾に来て、すでに半年弱学校に通いました。
けっこうまじめに勉強した結果、半年でこの程度か、というのが見えてきました。
台湾に来た当初は9ヶ月でそれなりのレベルにもっていきたかったんだけど、
そうするとあと3ヶ月。んーやっぱ足んないかなあ。
なので、あと半年は勉強しようかな、なんて考え始めてます。

ってことで、当面は台湾にいるつもりなので、ぜひ遊びに来てください。
うちの部屋余ってますんで。
[PR]
by yokoyoko10 | 2005-08-10 01:02

チャンネル消滅

台湾は、ケーブルテレビによりたくさんのチャンネルを視聴することができます。
100チャンネルくらいあると思います。
・・・が、法律違反とやらで、今晩0時に21局のチャンネルが消滅するようです。
あと30分ほどで、いきなり放送ぶったぎりで砂嵐になると思われます。
消えるチャンネルでは、たとえばニュースチャンネルでは、「われわれはこんなに
いい番組をやっているのに、なぜ放送を続けられないのか」といったような
討論をしてます。
2.3日前に急に政府の発表があったようですが、事前に備えることはできなかったのかな?
これにより、職を失う人も相当いると思いますが、彼らはあっさりと
別の局の仕事を見つけて移りわたっていくのだと思います。

こんなことを日本と照らし合わせてもしょうがないけど、やっぱありえない・・・
[PR]
by yokoyoko10 | 2005-08-03 00:30