昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ありがとう。

バイトをすっぽかしてきてくれた、直情一直線の愛すべき朋友
彼女との勝負の一夜?を終えてかけつけてくれた朋友
彼女と一緒にきてくれた、にくめない弟のようだった朋友
きれいなお姉さんの上班族になっていた朋友
いつも笑顔でうんうんとあいづちをうってくれる朋友
すっかり明星プロダクションマネージャーと化している朋友

わたしのために泣いてくれた朋友
さびしいよ!と何度もいってくれた朋友・・・

たくさんの好朋友から、たくさんの「がんばって!!」をもらいました。
台湾で出会えた、素敵な人たち。
どうもありがとう!

また、必ず、会いましょう。
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-01-27 01:33

Last 2 days

台湾も残すところあと2日となってしまいました。
そうそう、ネギなんですけど、
翌日目覚めて「あいうえお」って言ってみたけど、息しかでない~!
変化ないので、もうやめました。が、のどの痛みはまったくないので、
これはネギ効果のはずだと思いたい。

実は、、、かねてからうすうす気がついていたのですが、
わたしは俗にいう「パワースポット」好きでありながら、そういうところにいくと
「気にあたる」のか、どうも調子が悪くなるのです。
アンコールワット、バリ、宮古島、都内某神社、、、
そういえば、先週末行った「野柳」、
台湾人の友人が台湾で一番気の強いところと言ってました。
いや、だからどうというんじゃないんですが。(責任転嫁の非難ゴーゴー)

ともかく、今回予定を変更してしまった方々、本当にごめんなさい!
だいぶなおりました。

話は変わって、昨日食事に行った帰りに、「霍元甲」の映画のプレミア試写会に
遭遇しまして、詳細(こちらをどうぞ)ははしょりますが、ジェイと握手しました。
日本のみなさんは「勉強もしないでなにやってんだか・・・」とあきれもするでしょうけど、
別に張ってたわけじゃなくて、よくあることなんです!!(汗)

ここ4日ほど会話を我慢したので(これはほんとストレス!)
明日はしゃべるぞ~!!
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-01-25 22:35
ここ数日、のどの調子がいまひとつだなあなんて思いながらカラオケ連続2daysをやったり
なかなか会えないお友達にあって興奮していろいろしゃべってたら・・・
声、出なくなりました。。。

昨日、デビッド・タオ(これはすばらしかった!台湾のアニキの座は黄立成から
タオに鞍替え ←これ、わからんよなあ・・・)
のコンサートにいって、始まる前は普通にしゃべってたのに、3時間後、コンサートが
終了したら、ピタリと声がでなくなってしまいました。
タオのコンサートと引き換えのわたしの声・・・いやちがう、ただの自己管理不足です。
いま、あるサイトで見た「長ネギを焼いてのどに巻く」っていう民間療法を
試してるんですが・・・

いちおう、今日誕生日です。
ネギ巻いてる、3×歳。くさいです。
いいんでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、最近面白いなあって思ったことがありました。
ホリエモン騒動の余波です。
ピーチ・ジョンの野口美佳社長が、
1月16日付けで、自身のブログに、正月休みにホリエモンとひなのといっしょに
ホリエモンの自家用ジェットでパラオに遊びにいったことに触れつつ、
ホリエモンから「やばいことになった」という電話がかかってきたことや
「ホリエモンがんばれ」という応援メッセージを書きました。

結果的に、ホリエモン騒動がどんどん膨らむと同時に、「不用心なブログを書いた」
野口社長にまで飛び火してるようですね。
(現在、彼女は1月16日のブログも含めて、過去の記事をぜんぶ消してしまいました)
わたしは台湾でネットからしか事態をうかがい知れないので、知りえる範囲でですが。
要は、野口社長をたたきたいと思っていた潜在層を、本人が顕在化させてしまったのだと
思います
彼女はけっして頭の悪い人じゃないと思うので、「愛と勇気」をもって
いろいろ計算した上で書いたと思うのですが
(ひなのをかばうとか、旅行についてエクスキューズしておこうとか、
自分の社会的影響力とか)
ライブドア騒動を甘く見すぎていたんでしょうね。
問題は深刻で、彼女の応援メッセージでどうこうなるたぐいのものではなく
おそらく今となっては、彼女が周囲から「がんばって」と応援されてる羽目に陥ってるのでは。
最近ITとかベンチャー系の若手経営者の間で、友達感覚でつきあったり
芸能人まで巻き込んで、楽しくやろうよ!みたいな空気があったように思うんですが、
経営に友達感情をはさんじゃマズイだろ、ってのを今回の事件は露見させた気がします。
(さらに野口社長の場合は、わたしは「子宮でモノを考えてる人だなあ」って感じがしました。)
ちなみに、ホリエモンのよきライバルであり親友である、藤田晋とか野尻佳孝の
ブログもみてみたんですけど

藤田氏「何かあるといつもコメントを求められるのですが、何もありません。」
(しかも20日のブログでは「当社もこんな時期だからこそ、コンプライアンス体制を更に強化。」
と書く用意周到さ)

野尻氏「毎度世間を楽しませてくれている堀江社長・・・今回は大変そうだけど友達として心配です。」

この程度のコメントがギリギリの線でしょうね。
ホリエモンとミカジョン、これからどうなるのかなあ・・・
あと自分の声も戻ってくれないと。
ネギの成果は後日。
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-01-22 18:47

台湾北海岸への小旅行

行こう行こうと思いつつ、アクセスが面倒そうなので行ってなかったところ・・・
台湾の北海岸。
へんてこ奇岩があるらしい野柳、
台湾の歌姫、テレサ・テンのお墓、
お金持ち芸術家が私財を投じてつくったらしい美術館・・・
どれもこれも心惹かれるじゃないですか。

ネットとか中国語のガイドブックで調べても、車で行くのが普通らしく
バス利用がいまいちよくわからない。けど、とりあえず向かってみました。

まず基隆までバスでいく。

金山行きのおんぼろバスにのりかえて、野柳で下車する。
(車内アナウンスなし、目立つ観光物もバス停付近は一切なし。なんとなく運転手に
「どこで降りるの?」と聞いたらそこが野柳でした)

10分ほど歩き、海岸に近づくと多少観光地っぽくなってくる。
すっかりさびれた水族館?「海洋公園」の横に自然公園の入り口があった。

こ、これは・・・面白いです!
きれいに整備されてて、非常によくできた公園です!
へんてこ奇岩がいっぱいあります!
なんでここがもっとクローズアップされないんでしょうか。
クレオパトラの横顔に似てるらしい「女王頭」の前で写真をとり、満足して次の目的地に向かう。
(ほんとは長細い岬なんだけど、岬の途中の女王頭をみて終了)

またバスにのり、金山へ。
ここはメインストリートからちょっとウラに入ると、かなり活気のある老街になってました。
かるく散策。

そして、タクシーと交渉して、まずテレサ・テンのお墓につれていってもらい、
そのあと朱銘美術館でおろしてもらうことに。

テレサのお墓は、小高い山の中にありました。ここは高級墓地のようでした。
テレサの澄んだ歌声が流れ(わたしが行ったときは「襟裳岬」)、丁寧に清掃されていました。
合掌。

で、朱銘美術館へ。これも山の奥深くにあります。朱銘という彫刻家が自分の作品を
展示するためにつくった私設美術館のようです。
にしても、ひろ~い!!イメージとしては、箱根彫刻の森美術館です。
つい最近、彼は新しい彫刻のシリーズに取り組んだようで、その成果を目の当たりに
することができます。もう相当いい年のおじいちゃんだと思いますが、あまりに
エネルギッシュですね。とにかく、館内のいたるところに「○○」が・・・
すごすぎ。

で、美術館を5時に出るバスにのって、6時過ぎには台北に到着しました。

このコースはおすすめです!!
夏とか、日が長いときには、美術館のあとに金山にもどって、そこから北海岸線に
そって走るバスにのって、淡水に到着する、というのも非常にオツだと思います。
車がなくても、けっこう楽しめます。こういうバス旅行、悪くない。
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-01-15 11:04

持ち物バトン

あと2週間ほどで台湾を去ってしまうのですが、「異動を命じられた駐在員のようなキモチ」で
動くべくして動くという心持で日々すごしてます。
・・・誰からも命じられてないんですけど。

さて、いままで不義理でいくつかのバトンをとぎれさせてしまったので、
今回はいただいたバトンをつなげてみようと思います。

● 財布はどんなのを使ってますか?

 1年半前にシドニーにいったときに、ふらりと入ったヴィトンで日本人店員から
「これ、『新色で最後のひとつ』ですよ~!!」と言われ、買ってしまったヴェルニ。
中国で使っていたらあっという間に汚れた。

● 携帯電話はどんなのを使ってますか?

 2年位前に広州で買った、700人民元の「KONKA」。安ければなんでもよく
中古品を買おうとしたら、友人から「中国人の手垢のついたものを使うのか」と
とめられて新品にした。が、今度は別の友人から「KONKAって・・・
日本で言うところのFUNAIでしょ」とバカにされる。
いまだに使ってます。

● 使ってる携帯ストラップは?

 彼からもらったリラックマ。正確にいうと、コリラックマがリラックマの帽子をかぶっている。

● 手帳って持ってますか?

 毎年すごく探す。今年は台湾メイドのいけてるやつを探したが、納得できず
結局city suparで見つけた日本製にした。

● バッグはどんなのを使ってますか?

 中国にいたとき、ブランドものを持つとニセモノにしか見えないので
間に合わせのバッグに切り替えた。結局そのまま・・・
ちなみに今のは大連のイトキンビルで買ったもの。

● バッグの主な中身は? 持ち物は…

  財布,携帯以外だと、学生なので教科書・ノート・電子辞書・ipod・授業録音用の
ボイスレコーダー、折りたたみ傘(台北では必須)、デジカメ、
経済記事のコピー(勉強しなきゃ!)、さらに今見たらJayの歌詞カードが入っていた。

● 持ち歩いてないとダメ!!というものを3つあげましょう。
 
 手帳、デジカメ、化粧ポーチ(万能薬の「清涼油」とか風邪薬が入ってる)
携帯のプライオリティは高くない。
 
● これをまわす5人は?

 なのさん、yoichiroさん、koyo-leeさん、shandiさん、こっぺさん
もしこれみたらよろしくおねがいします。
(日本、台湾、北京、アメリカのワールドワイドでいってみました)
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-01-12 19:48
今日は映画を見にいきました。
「無極 PROMISE」です。
「如果・愛 PERHAPS LOVE」といい、中国映画でありながら、(というか出資とかの
境界もよくわかんないのだけど)
キャストやスタッフがアジア全域ってのがこれからのトレンドなんでしょうか。

「無極」・・・チャン・ドンゴン(韓国)、真田広之(日本)、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン(香港)
・・・大陸人がいないっす。
香港人も、母国語は広東語であり、彼らの普通語はかならずしも流暢ではないわけです。

ちなみに「如果・愛」・・・金城(台湾)、周迅(中国)、張学友(香港)、池珍煕(韓国)

いずれも舞台は中国なわけで、登場人物はみんな中国語(普通語といわれる標準語)を
話してるのですが、なんか不自然で入り込めない・・・
そういう意味では、ウォン・カーウァイの広東語、普通語ちゃんぽんのほうがなぜか普通に
思えてくる。

この手の「アジア人スター結集」ってやつは、アジア各国で公開するための方便なのかな?
(わたしの友人は「中国人の陰謀だ」と言ってます)

さて、「無極」・・・チェン・カイコーってこんなにヘンテコテイストだっけ?
「カンフー・ハッスル」のありえなさをさらに超越したありえなさになってました。
ストーリーはチャン・イーモウの「ヒーロー」を数十倍わかんなくした感じ。
アクションは「グリーン・・・」と「マト・・・」を足したような。(もう伏せてもしょうがないか)
ドンゴンファンは・・・なにか共感できる部分を見出せるのでしょうか?
個人的見所はニコラス・ツェーのクールビューティーぶりでしょう!
(だって美しいんだもん!!)
そして「ポリス・ストーリー」に続き、本気で首を絞められるシーンでしょうか・・・

台湾人にも感想を聞きたいです。
ただ、わたしは映画終了後に、文字通り頭を抱えている台湾人を目撃しました。
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-01-03 00:59

新年快楽!

あけましておめでとうございます。

今年は台湾で年を越しました。
こちらは旧正月が日本で言う正月にあたるので、
年越しといってもあまり特別な意味はないみたい。
年末年始の気ぜわしい感じとか
掃除したり年賀状書かなきゃ、とか初詣とかおせちとかなんやらかんやら・・・
とにかく、「正月」感ゼロ!新しい年を迎えたというすがすがしい感じも限りなく希薄!

年越しのための伝統行事はまったくないようですが、おそらく海外の影響なのか
年越しイベントは一応あります。
台湾の主要都市では、有名歌手の無料コンサートを開いたり、
0時きっかりにカウントダウンをして花火をあげたり、という感じ。
台北市では、世界に誇る「世界一高いビル」101で花火があがりました。
とにかく、101の一点にむかって、台北中から人が車がバイクが殺到し、
もうパニック状態。みんなダッシュダッシュ!!
いまだかつて見たことないほどの渋滞で、結局家から徒歩で行きました。
(うちから徒歩30分なのだ)
わずか数分のカウントダウン花火を見た後は、こんどはいっせいにみんな帰宅。
さらに激しい渋滞になり、またもや徒歩で帰宅。

しかし、台北市にひとこと言いたい!
交通渋滞は容易に想像できるんだから、もっといろんな場所で動員力のあるイベントを
分散させたらどうなんだ!!

・・・新年からつまらん話で恐縮です。

えっと今年は2月から北京で新生活を始めます。
台北での1ヶ月弱の残り少ない時間を、楽しく過ごしたいと思います。

じゃあひとつ今年の目標
HSK8級。
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-01-01 22:10