昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

経済循環

1週間前に、いろんな機能てんこもりの携帯をもらいました。

3日前に臨時収入があり、喜びをかみしめたその晩・・・

2年半使い倒してきた携帯が壊れていました。

新しい携帯がきたからごきげんを損ねたのだろうか!?

気を取り直して、もらった携帯をつかおうとしたら、中国語が入ってない・・・
メールの送受信は、やっぱり中国語じゃないと、いろいろ支障があるんだよなあ。

ひとまず古い携帯の修理に行ったら、160元なり~
ためしに、新携帯に中国語をインストールしたらいくらかかるか聞いてみたら
500元以上はするんじゃないかと。

・・・わたしの臨時収入、なくなるんですが。

悲しくなる前に、経済の循環の原理ってうまくはたらくもんだなあ、と感心してしまいました。
(そんなものがあるのかどうか知らないが)

しかし、修理したはずの携帯はへんな音がピコピコなってみたり、勝手に電源がきれたりと
いうことを聞いてくれません。
Cancamで「古い携帯使うと運気がさがる」ってかいてあったから、さすがに変え時かな~
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-04-29 14:56

旅行の予習と健さん

5月1日からの休みに雲南省に行きます。
なのでこれは予習しておこうと思い、「単騎、千里を走る。」を見ました。

ストーリーの荒さは目をつぶるとして、
やっぱ健さんすげーーー
といっても私は彼の映画は数えるくらいしか見てないのですが、
パブリックイメージどおりの健さんが中国映画に主役として登場するってのは
すごいことだと思いました。

普通に考えるとムチャクチャな要求を健さんはいたるところでかますわけですが、
たとえば監獄にいる囚人をビデオにとるんじゃー!というのはコメディーにもなりうるし、
父親にあったことのない子供を父親のもとに連れて行って引き合わせようというのは
暑苦しいドキュメンタリーにもなりうる。
そんなことをみじんも感じさせずに朴訥なおやじっぷりを見せてくれる健さんってすごくないですか?

中国人と健さんの掛け合いもいいんだよなあ。
中国語がわからない健さんのもどかしさも、そんなことおかまいなしに
まくしたてる中国人も、健さんの通訳の日本語と中国語のつかいわけも、
けっこうリアル。
日本の字幕がなるべく忠実だといいんですが。

100点ではないけど、いい映画だと思います。
チャン・イーモウが非常に健さんをリスペクトしていることが画面からあふれていると
わたしは感じました。
なにより、日本人をこんなにも好意的に(しかも主役で)描いた中国映画はいままでおそらくなかったことに対して、日本でもっと評価されていいと思います。

えーーとわたしはなんでこんなに熱くなってるんだ?
そうそう、この映画に刻まれた麗江の美しさを自分の目でたしかめて来ようと思います。
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-04-27 01:45

胡同フォトジェニック

胡同移住計画にむけて、着々と・・・なんの策も練ってないのですが、
先日「胡同の会」ってのに参加しました。
胡同をゆっくりと巡りながら、貴重な建物や文物を見つけたり、昔の生活に思いをはせたり、
非常にシブイ会です。
そこで出会った女の子。a0037789_017060.jpg
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-04-24 00:20

信じるチカラ

最近わたしが発揮したプチ超能力を披露します。

・労働節(中国のお休みでG.Wみたいなもの)に雲南省に行こうと思ってて、
あー旅行の資料ほしいーと思った直後に、通りすがりの旅行代理店の中国人から旅行パンフをもらった。

・日本の雑誌が閲覧できるところでくつろいだあと、
あーやっぱ日本の雑誌をたまには買って自分の手元においときたいー
と思った10分後に、全然違う場所で「Domani」をもらった。

・最近やっとCDデッキを買い、結局藩瑋柏(ウィルバー)ばっかり聞いてるわけですが
中国は音楽番組がぜんぜんなくて、
あー台湾いたときみたいに動くウィルバーみたいー
と思った3分後にCCTV(中国国営テレビ局)にウィルバーが登場した。

・・・小さい、小さすぎる。。。どこが超能力じゃ!なんていわず、大目にみてください。
大事なのは、これを偶然と思わずに、強い思いには引き寄せる力があると認識する(思い込みともいう)ことなんじゃないかと思うこのごろです。
そもそも、ほしいものが小さすぎるという話もあるが・・・
こういうことで幸せになれるからいいのだ!
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-04-18 01:31

Tiesto 来京!

わたしが好きな有名人(芸能人のぞく)に宮嶋茂樹とか大前研一がいるのですが、
もうひとりTiesto(ティエスト)というオランダ人DJがいます。
彼は、アテネオリンピックの開会式の選手入場の際にDJをしたという
前代未聞なことをなしとげたすごいお方です。しばらくのあいだ世界ナンバーワンDJでした。

なんのことやらよくわからないと思いますが、
わたしもクラブとかあんまりいかなくてこの方面には明るくないのですが、
このTiestoが中国に来るというんです!
シンセンから中国内を北上して6箇所回るツアー。
オランダでは数万人を集めて一晩中プレイするような人が、なぜ中国のこんな小さい
会場を精力的に回るのかナゾですが、ツアー最終地は北京。
ああ、北京にいてよかった。
当日、この年にして夜中3時半まで踊り狂うという暴挙をなしとげました。
彼のハッピーなオーラを目の当たりにして、幸せだーー

ところで、このときに日本人とインドネシア人の若いもんに混じっていったのですが、
ガンガン音楽がなりひびくなかで、あるインドネシア人の男子から
さかんになにか聞かれました。
聞こえないし、酔っ払いだし、答えなかったんだけど、
彼は携帯をとりだして、おもむろにメールをうちはじめ、見せられた画面は。。。
「wo shi 24, ni ne?」(僕24歳、君は?)
ほっといてくれ!
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-04-12 16:56
レスリーの命日に、北京のおんぼろ映画館で「さらば、わが愛(覇王別姫)」を
上映してたので、なにかに引き寄せられるように行ってきました。
映画館がおんぼろならフィルムもおんぼろ!
まるで始終どしゃぶりのように、画面上に線がはいってました。しかも途中で中断。

映画が始まってから気づいたんだけど、字幕がないー。
台湾では中国映画でも中国語の字幕がついてたから慣れちゃってたけど、
そういえば、以前大連で「2046」をみたときも字幕がなかったような。
でも、その分映像にすごく集中できました。
公開時にみてたのでなんとなく覚えてたのと、ストーリーがそう難しくないから
ことばはだいたい推測で。

レスリー、美しいー!
上目遣いに見上げるときの目線とか、指先とか、もう動作のひとつひとつが。。。
チェン・カイコーはとんでもない映画をつくったもんです。
私の中のすっとこどっこい映画「無極」とはえらい違いだ。
中国の動乱の現代史とか、京劇とか、レスリーとか、知りたいことがいろいろ増えました。

前回買い物を宣言した直後に映画館に向かったので、買い物失敗しましたー
なんか買わないととあせって、30元(約450円)のパジャマを買った以外、何も買ってません!
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-04-05 00:49

生活にうるおいを

北京に来るときに、極力荷物を少なくしました。
けっこうな送料がかかるから、それだったら北京についてから調達するほうが安上がり、
っていうのと身軽でいたかったからです。
はじめて中国に赴任したときには、段ボール15箱くらい送ったのですが、
大連に異動するときにはそれが倍になってた、というわたしが
今回は段ボール2箱でした。

いずれ宿舎から引っ越そうと思ってるので、いまだにあまりモノは増えてません。
だけど、、、
1ヶ月半ちかくこの状態で生活してると、
生活にうるおいがないな~って思いはじめました。
本は中国語の参考書と中国のガイドブックだけ、
服は年中着回しがきいてガンガン洗濯できるもの、
4足のくつとわずかなアクセサリーと香水のボトルがひとつ、

そしてこの部屋には音楽も料理もどっかりと座れるソファもない、、、
(そもそも冷蔵庫がない)

留学生の生活なんてこんなもの、昔にくらべれば携帯もパソコンもあるし
ずいぶん便利になったのでしょうけど、便利さとは違うベクトルで、
心がなごんだりうるおったりするのは、生活を維持する上で必要最小限のモノを
はみ出した部分にあることに気がつきました。

なので、今週末はとりあえず女子度の高い服とCDデッキを手に入れたいと思います。
[PR]
by yokoyoko10 | 2006-04-01 12:32