昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タクシー問題

以前、タクシーにまつわる地味な話ってのをしたけど、今日はちょっと突っ込んだ話を。

中国で生活する一般的な日本人にとって、タクシーはかなり大きな問題だと思う。
ここでいう一般人というのは、おかかえ運転手がいるというめぐまれた人、自分で運転する人・・・はのぞく。
安全ということを考えると、女性が深夜にひとりでタクシーに乗るのはやっぱりこわいし、ぼったくりというのもよくある話。
たぶん、大方のひとは、安心して運転をまかせられるタクシードライバーをひとりやふたりは携帯に登録していると思う。

これが、仕事上の営業活動ってことになると、さらにナーバスな問題になってくる。社有車がなかったり、社有車で移動できる範囲をこえた出張の場合はなおのこと。現地で広範囲の移動を伴う場合には、タクシーを現地でチャーターする必要がある。
出張先でのチャーターはかなり緊張する。現地の道路事情や地理感覚はもちろんわからないから、移動にどの程度時間がかかるのか事前に読めないし、かりに多少知っていたとしても、中国の道路事情は日替わりでかわるのだ。・・・一夜にして道路が開通したり、あるいは1時間前に通行できた道路が、いきなり掘り返されて通れなくなったり。
なにより、運転手の信頼度(安心してまかせられるか、正当な金額交渉ができるか)が大事。

・・・前置きがながくなったけど、(やっと本題です)、瀋陽出張にいってきました。
で、タクシー問題が浮上するわけです。
瀋陽ではばらばらに点在する企業を、1日3件くらい訪問するので、移動距離は1日100キロはこえていると思います。
でも、紹介を通じて、とてもいい運転手さんにめぐりあえたので、瀋陽出張2回目の今回は完全にまかせきることができました。
わたしが考える、仕事上のタクシーの重要なポイントは、いかに時間に正確に、わたしを平静な精神状態で目的地に送り届けてくれるかということ。後者は、道に迷わずに、安全運転で、あと長時間いっしょにいても余計な気をつかわなくっていい、っていうようなこと。
いままでの経験上、ばたばたと遅刻したあとは、いい結果を招かない。あるいは、さんざん道に迷ったり運転手とちょっとした口論をしたあとの訪問も、心が波立っているせいか、いい営業はできていないと思う。もちろんどんな状況であれ、訪問先にはいいプレゼンをしなければいけないんだけど、運転手の選択によって悪い結果を回避できるのであれば、それにこしたことはない。
で、瀋陽の運転手さんに2日間お世話になって、夕方支払いをしようとしたとき・・・
「発票(領収書)がたりない・・・」
瀋陽の領収書は、あらかじめ25元と印刷された紙を必要な枚数分ちぎってもらうことになってるんだけど(広州もおんなじだった)、その印刷用紙がきれてしまったそう・・・
大連に帰るバスの時刻が迫っていた。
運転手さんはダッシュで発票の冊子を会社にとりにいってくれて、なんとかバスに間に合った。
ま、このくらいはご愛嬌ということで。
そう思わないと中国ではやっていけない。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-22 23:44
週末に「花様年華」をみました。
公開当時にみてたけど、「2046」も近いし、予習しとこっかなーってことで。
またもやマギー・チャンのチャイナドレスにやられた~
そして、わたしは無謀にも、去年上海で買ったチャイナドレスを引っ張り出してきた。
買ったときはけっこう痩せていたのだ。
その後、チャイナドレスを着るようなこじゃれた機会もなく、たんすの奥に眠っていたチャイナドレス・・・
しかし、ここ1年ですっかりタクシー移動に甘んじたせいか、かなりパツパツな事態になっていた。
うーん、これではしゃがめない・・・
こうなったら、自分の体を改造するか、服を改造するかしかないわけで。
ってことで、またもやお直し屋さんにいってまいりました~
「お直し」ってのは、サイズを大きくすることもできるのだ!!がはは
あがりは3日後。どうなることやら。

で、このチャイナドレス、いつ着ようかしら・・・
っていうか、マギー目指すなら肉体改造しようよ!ってことなんだけど。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-21 00:21

江國香織と村上龍

江國香織はけっこう前からすき。
女性が読めば、だれしも琴線にふれる部分があると思うんだけど・・・どうだろう。
文章に、ステレオタイプな表現がないのがすき。
たとえば、「泣く」ということばの表現ひとつとっても「彼女は一晩中枕をぬらした」(なんていまどき書く作家もいないと思うけど)、「真っ赤に泣きはらした目」とか、彼女はまちがってもそういうことは言わない。
すごく乾いたことをいったり、とても情熱的だったり、こどもみたいだったり、毅然とした大人のようなことをいったり、そういうのひっくるめて、このひとはとても女性的で、女性の機微にとても敏感なひとだとおもうし、いいなあって思う。・・・人間、自分にないものを人に求めるっていうから。
「冷静と情熱のあいだ」の江國と辻仁成の語り口はとても対照的で、わたしは辻仁成はなんてウエットなんだ、って思ってうけつけなかったけど、男性陣にそういったら、共感できるところもあったみたい。ラストも対照的だと思った。

で、村上龍。このひとの小説はべつにすきじゃないし、興味もぜんぜんなかった。
でも、最近、がんばって本だしてるなあ、とは思ってたけど。
なのに、この前日本に帰国したときに、なんとなく彼のエッセイを手にとって、見方がかわってしまった。彼の、思考のぐるぐるぶりとか、ひとつずつ物事を定義づけていったり意味をみいだそうとするところが、最近の自分の思考方法とすごくだぶるのだ。
最近の出版ラッシュは、そのぐるぐるのなかで着地したことをどんどん世の中に出さずにはいられない、という衝動なんだろうと思う。

今日の午後は江國の「泣く大人」というエッセイをひっぱりだして読んでいた。
そこで、ある文章に目がまるくなった。
彼女が苦手な男の定義---
「仲間好きな男」
何か特殊な能力を持っていて、その仲間をこよなく愛し、しょっちゅうイベントをする男。
「こいつらと一緒にいるときの俺がほんとうの俺」という解放のされかたが嫌、なのだそうだ。じゃあそんなにみさかいなく、どこでもここでも自分を解放していいか、と問われれば、いいに決まっているし、解放して誰かに迷惑がかかるような「ほんとうの俺」なら、まずそれを改めるべきだ---
そういう見方もできるかもしれない。もろ手をあげて賛同するわけじゃないけど、こんなに潔いと気持ちいい。

潔い江國と、ぐるぐるの村上、自分的にどっちもありです。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-19 16:52

お弁当

最近、あんまりちゃんと食事をとってないせいか、同僚の中国人からちょっと心配されている。
なにかと世話をやいて、果物をむいてくれたり、お菓子をくれたりする。
この前のお昼ご飯は、そとにいくのめんどくさいよーっていったら、中華の出前をとってくれた。
同僚のだんなさんまで一緒になって、「彼女ちゃんと食べてるの?」っていってるらしい。

そして、ついに彼女はお弁当をつくってきてくれました。
ごはんにザーサイ。
おー、さすが中国人、って感心してる場合じゃない。

こんな女子っているのか??

わたし、女子力なさすぎ。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-17 23:41
大連ファッション祭りの展示会場とやらをのぞいてみました。
展示会場というか、普通の即売会でした。
市内で買うほうがおしゃれで安いと思うんだけど、けっこう人がうじゃうじゃ集まってる。
服のほかに、ヒスイとか真珠のアクセサリー類とかかばんとか。

まあ代わり映えしないか・・・と思ってたら、なぜかダーツを売っていた。
う~ん、わけがわからん。
少し奥にすすむと、工業用のミシンがずらーっと展示されて、ガシャガシャと花の刺繍をうちこんでいた。・・・まあ服つながりだから、なくはないか。

さらに奥にいくと、なにかのニオイを感じる。
なにかある、と思っていくと、なぜかお茶市場のような様相を呈している。
いくつもの店が、茶葉のはいった大きな麻袋をたくさん並べているアレである。
さらに、駄菓子屋まである。
・・・健康食品もある。
漢方薬もある。
浴槽グッズまであった。
・・・ファッション祭りなだけに、美容と健康つながりか?
なぜか、血圧をはかって1元というにわか健康相談みたいな、白衣をきたおばちゃんまでいた。
意味がわかりません。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-16 01:22

困った人、そして広州

得意先のひとが、ちょっとしたお願いをしてきました。
広州にはじめて出張するにあたり、あることを手配してほしい、と。
わたし、2月まで広州で仕事してたんですね。
・・・しかし、完全に私の業務の範疇をこえている。なんだけど、あまりにスカッと「お願いします!」と力強くいわれて、ひきうけてしまいました。
こういうときは、誰に相談するか・・・

まず、「広州の知恵袋」、金融関係のMくんに電話。
金融の人は、さすがにいろんなことよく知ってるからね。
しかし、爆発的にいそがしいひとなので、「おー、ひさしぶり」といいつつ、手短におしえてもらって終了。

もうひとりは、「広州の女神様」、旅行代理店のR嬢。なぜ女神さまなのかというと、どんな無茶なエアーのオーダーにも笑顔でひきうけてくれたから。
「あ~、ごぶさたしています!」(※彼女は中国人で、日本語ぺらぺら)
Mくんとは別方向の回答をもらって終了。

で、この2つの回答を依頼主に提出。依頼主は、おまえはだだっこか?というような質問をさらになげかけてきたから、また調べて、後はメールで回答して、これ以上責任とれません、と書いて終了。
2月に広州をはなれて、しかも広州にいたのはたったの半年。うえのふたりには、すっかり不義理をしてずっと連絡をとってなかったけど、普通にうけいれてくれた。
広州にのこした小さな足跡がまだ残っていた気分。

・・・しっかし、×××さん、マジで広州のみやげくらい買ってこないと怒るよ!!
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-14 01:02
大連は、タクシーにのるときに、助手席にのるのが普通みたい。
最近は後部席にのるひともいるけど。
中国にきて以来、助手席にのるなんて考えたこともなかった。
運転は荒いし、運転手と近すぎて。

店で買い物するときは、店員がうしろからついてくる。
早口で、ほしいものは?好きな色は?今日のおすすめはこれ、とまくしたててくる。
ほっといてほしいなあ、と思ってた。

だけど、なんでだろう。
最近、助手席にのれるようになったんだ。
店では店員に、これないかな~って聞くようになった。

「剛にいっては剛に従え」って、できそうでできないね~
なんでもかんでも、ってわけにはいかないけど、自分の速度でやってみようと思ってる。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-13 01:25

大連ファッション祭り

7月に「ビール祭り」というのを紹介したけど、今度は「ファッション祭り」。
ほかに5月の「アカシア祭り」ってのもあって、大連市民はお祭り好きのよう。
今日から1週間ちかく、ファッションショーやら展示会やらするらしい。
わたしは、はっきりいって期待していない。
・・・大連市民に刺されるな~
政府のがんばりはひっじょうによくわかるけど、別に超一流のコレクションがあるわけでなし。

しかし、街の雰囲気が、なんだか「浮き足だっている」のだ。
タクシーなんてすべていろとりどりの旗をつけて走ってて、何事?って思ったよ。
この祭りを記念した旗らしいんだけど。

で、今日の夜は開幕式。
オリンピックの開会式とおなじような発想だと思うんだけど。
とにかく中国人は歌と踊りが大好き。今回も大きな体育館でおそらく数万人のひとをあつめて式典というかショーをやっている。
その模様がいまテレビでながれてるんだけど、まー派手なこと派手なこと。
・・・しかもBOAが歌っている。
ほかにも黒人歌手やら体操やらダンスやらてんこもりで、終盤にはケリー・チャンがでてきた。
お~、大連もここまでやるか、とけっこうびっくり。
一回くらい展示会をのぞいてみるか。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-10 22:57

引越ししたい

というのは、家じゃなくて会社のほう。
それもわたしじゃなくて、中国人の同僚がいってるんだけど。
いままでそんなこと言ったことなかったのに、うちの会社のほかのエリア(北京、上海・・・など)がどんどんキレイで広いオフィスに引越してることに刺激をうけたみたい。
うちの事務所は、ごく普通の中華系ビルで、日系企業はほとんどはいっていない。出入りする人もごく普通の中国人。大連市内には、日系企業が集中する●ビルというのがあって、わたしもたまに、そっちのほうがほかの日本人と交流があっていいな~とか思ってたんだけど、半年もたつと、なれてしまった。
なぜか同僚はエキサイトしだして、「オフィスの装飾をかえたい」とか「大連人の女性は水準が低いから、このビルに出入りする女性はだめだ」とまでのたまった。・・・彼女(Kさん)も大連人女性なのだが。

Kさん:●ビルに移りたくありませんか?
わたし:もう最近化粧もまともにしてないし、この状態でほかの日本人に会うとつらいんですけど
Kさん:でも、●ビルのほうがかっこいいひと多いですよ
わたし:あ~じゃあそれは大至急かな

笑わせて、なだめるみたいな。
ふつう逆だと思うが。
でも、最近完全に手抜き顔。コンタクトも、ひとと会う前にしてしまう。
めがねで●ビルにいったら、得意先のひとたちはわたしだと気がつかなかった・・
そんなこともあり、引越しに伴う諸々のことも面倒なので、もうちょっといまのビルでがんばろうと思う。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-09 01:22

「LOVERS」の裏側

帰国したときに「LOVERS 外伝」というDVDを買ってきました。
金城好きなので。監督もわりと気になるので。映画の裏側とやらにけっこう弱いので。
映画は「なんだこりゃ」だったけど。

あれ、二日連続でチャン・イーモウ。
たまたまなんだけど。
この人の人となりをぜんぜん知らなかったのだけど、この「外伝」をみると、この監督がすごく熱くて、ものすごい推進力をもってるひとだってのが伝わってくる。
他人の意見に耳をかたむけるやわらかさと、なにがなんでもやりとおすという強さと、どこかで自分や映画をつきはなせる客観性。
そもそも、「LOVERSは失敗だ」と言っている。
・・・わかってたのね。
監督の「武侠ものをやりたい」という思いだけでたちあがって、脚本ですごく苦しんでいる。どうりで、ストーリーに必然性がない。
ウクライナロケでは天候に左右されて、大雪によって、これまた必然性のない、最後の雪の決闘シーンがうまれてしまった。
チャン・ツイイーの母役のアニタ・ムイはなくなってしまう。
けが人続出。(こんなの、日本だったら大騒ぎだよ!金城の放った矢がスタッフのこめかみにあたってるんだよ!)
SARS直撃でウクライナロケにいけない。
そういう、映画の感想の「なんだこりゃ」を裏付ける事実が続々でてくる。

この映画のストーリーやディティールはおいておいて、画面からとんでもないパワーが放たれていたのは否定できない。それは、まぎれもなくチャン・イーモウの思い。

金城君のお宝映像はあったかというと、ちょっとだけ。
最近の金城君のスチール写真はとてもいい顔をしていると思う。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-06 01:45 | 映画