昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

至福のとき

これは、チャン・イーモウが大連を舞台に撮った映画。
だいぶ前にみてたんだけど、せっかく大連に住んでるし、また見たいな~と思って、日本に帰国したときにDVDを買ってきました。

もう、すごくすごく泣いちゃったよ~
こんなに涙もろかったっけ、わたし。
結婚したさにホラばかりふいてしまうおじさんと、盲目の少女のおとぎ話。だとわたしは思った。
いかにも大連、みたいなランドマークはまったくでてこないし、この話に必要もないと思うんだけど、やっぱり街の空気感が大連って感じ。
人も車も多くて、高層ビルも建ってて、でも緑がたくさんあって、空気がきれいな感じ。
このおとぎ話は、まだまだのんびりした空気が残る大連だからありなのかもしれない。
大連在住者にしかわからないポイントは、背景にうつりこむ「アカシア電球」(っていうのかな?)。
おじさんと少女と、彼らをとりかこむ職なしのひとたち。お金がなくて、それをしのぐためのいろんな小道具。このひとつひとつに涙がつつーっと流れてしまう。
ラストは、映画的なオチをつけるならこれしかないと思うけど、もっともっと甘くしてほしいと思ったのは、わたしがちょっと感傷的になっているのかもしれない。

しっかしね~、この少女、ドンジエって2046にも出てるらしいけど、映画を撮った時点で20歳なのに10代前半といっても通じるような、ぽきっておれちゃいそうな少女っプリなのだ。
ことばのあやじゃなくて、ほんとにガリガリ。
監督にダイエットさせられたらしい。
映画の原題は「幸福時光」なんだけど、この監督のなんとか3部作(忘れた)って、どれもいい邦題だと思う。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-04 15:28 | 映画

悲しきIP電話

わたしの携帯や家の固定電話は、国際電話をかけることができません。
そんなの、すぐに変更すればいいじゃんって話なんだけど、生活まわりのことはなにからなにまで会社の同僚の中国人に面倒みてもらって、いまさら「変えてください」ともいえない弱気な私。ものすごく困ってるわけじゃないから、ま、いいか~って感じなんだけど。
それにしても、国際電話をかけたいときはあるわけで、そういうときはIPカードってのを使ってます。簡単にいうと、日本でいうsuicaみたいな、チャージ式のカードみたいなものなんだけど。ま、正確なことはおいといて。
そのIPカードを使えば、格安で国際電話がかけられるのです。
・・・けっこうアナログ人間なので、MSNメッセンジャーとかテレビ電話みたいなのよくわかんなくて。
で、IPカードにはいろんな種類があって、会社によって微妙に設定方法がちがうのです。
買ったばかりのカードの設定の仕方がよくわかんなくて、同僚に教えてもらったところ、カードの裏の説明に大ウソが書いてあって、すったもんだしてようやく設定できたのでした。

・・・で、めでたしめでたしなんだけど。
設定をするときに、同僚が「うーん、会社のカードとは違うなあ~」といいながら、IPカードの束をとりだしたときに、私の目は点になりました。
いままで、会社で、中国内の市外局番とか、国際電話をかけるときは、電話番号の前に「17911」とか番号をプッシュしてたんだけど、あまり深く考えずに、そういうものだと思ってやってたんだけど・・・。そういえば、ときどき市外局番の電話がかけられなくなって、同僚が「あ、きれた~」といってたのはそういうことか・・・
要は、100元分の通話料がきれるごとに、IPカードでチャージしてたってことなんだけど。
私は、これしきのことで大騒ぎしてはいけない、と同僚の前では平静を装いました。
たぶん、日本のかたがたは、なにをぎゃあぎゃあいってるんだ?って感じだと思うけど、こんなことやってる会社って、ほかにあるのか!!??

これはたとえていえば・・・
・会社でコーヒーを飲むたびに50円徴収される。
・ひと月に一回、部費として1000円徴収される。  的な・・・

ちーがーうー
なにか、もっと会社機能をなりたたせるために大事な生命線ともいえるものが、実は超アナログでなりたっていたと知って、びっくりした!
みたいなことなんだけど。
ま、いいんだが。
ちょっとノイズがはいるくらいのことなので。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-02 22:31 | 大連生活

夏休みの次にくるもの

中国は国民の祝日があんまりなくて、3連休ってものがありません。そのかわり、1月末ごろの春節(旧正月)、5月のG.W.、10月の国慶節というときに、1週間近くまとめて休みます。
ついこの間夏休みとってたじゃないの?と思ったでしょ。それは、会社の有給をとったのであって、お盆休みが自動的にとれるというわけじゃないのです。
5月のG.W.が終わったとき、10月まで休みないの~?とちょっと悲しくなりました。ちょっとどころか、しんどいよ、そりゃないよ~(涙)って感じです。
(いや、もちろん週末は2連休なんだけど、3連休の醍醐味ってあるじゃないですか)
中国生活が1年すぎて、中国のサイクルになれてきた部分と、日本の歳時記にあわせた体のサイクルというかリズムがまだなんとなく残ってる部分と両方あって、夏が来れば夏休みをとるものだと体が覚えこんでいるので、もう休まずにはいられなかったのです~。

えーっと、眠いのでぼけてるなあ。
そう、あと一ヵ月後に国慶節なんです。
なにをするか、どこにいくか、何も考えてなかった。
酒井順子いうところの「旅行アディクション」のこの私が。
誰かプレゼンしてくれないかしら。
他力本願かよ!
やっぱりぼけてる。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-09-01 02:19
ふあ~、昨日東京から戻ってきました。
たった5日の帰国で、それはそれはあっという間でした。
今回は、会いたい人に会ったり、歯の治療だとか気になる症状の通院を一気に片付けて、
アタマと体のメンテナンスをまとめてやったって感じです。
東京と中国ってたった1時間の時差しかないんだけど、戻ってきたらなんだかぼーっとしちゃって、今日は朝から一種の時差ボケというか東京ボケでした。

で、今日会社から帰ってきて、荷物の片づけをしながらテレビをみてたんだけど、
昨日のオリンピック閉会式の再放送をやってたんですね。
閉会式って、祭りがおわっちゃうような寂しさと、選手の国をこえた交流をみてあったかい気持ちになるのと、両方いりまじるじゃないですか。
そんなことを感じながら見てたら、次回開催国ってことで、中国のパフォーマンスが始まったのです。なんだか胸が熱くなってきて、他人事じゃないっていうか、自分がいまいるこの国に光があたってるということが、自分を熱くさせるものがあって、さっきまでのボケてる感覚がすっと消えたというか、スイッチが入りましたね!
アジアカップでいろいろあったけど、そのモヤモヤもかすんじゃうような感じです。
ま、あの一連の出来事は水に流しちゃいけないとは思うんだけど、したたかなこの国は
前進してるし、たぶんできると思えてきました。
考えすぎかもしれないけど、テレビで閉会式の録画放送がおわって、オリンピックダイジェストみたいな特番が始まったんだけど、その冒頭の映像は、中国人選手が他国の選手と抱き合ったりお互いをリスペクトしあってるような場面だったのです。
人民に対して、啓蒙がはじまってるな~なんて思いながらみてるんだけど。
余談なんだけど、このダイジェスト番組がはじまるときに、たくさんの人の名前がばああーーーっと画面にでてきたんだけど、漢字が画面の中で踊ってるかのような、いまだかつてみたことのないクレジットのしかただったので、ちょっとこれセンスよくない?って驚きました。
これ、全部出場選手の名前だったんですね~。

またテレビの話かよ!
せっかくなので、帰国の話を。

僭越ながら、って感じなんだけど、東京って余白のない街だな~って思っちゃいました。
無駄なものがないっていうか、余白があるとそこを埋めるものが必ずあるっていうか。たとえばそれはニッチなサービスだったり、マツキヨで発見した「そこまでやるか!」っていうような便利グッズだったりするんだけど。
あと、サービスを提供するひとで、サービスの出し惜しみしてるひとが結構目につきました。ワンメーターの距離でタクシーにのったら、スーツケースをおろすのを手伝いもしなかったドライバー、オマエだよ!!
なんか、東京ってカサカサしてんな~って感じ。って1年前までその構成員のひとりだったんだろうけど。
あ、あと思ったより外国人がすごく少なかった!

ってマイナスなことばっかり言ってるけど、ちょっと大げさに言ってみただけです。
今回いちばん感動したのは、歯医者さんですね!
以前からずっとかかりつけのお医者さんで、今回も見てもらったんだけど、
プロの仕事を見せてもらったな~
良心的で、誠意があって、技術が確かで、いつも変わらない状態で診てくれる。
自分が世界のどこにいても、ここに行けば絶対なおしてくれるっていう心強さ。
って仰々しいんだけど、今回は麻酔を4本も打って1日3時間!もかかった大治療だったもので。そうなるまえに早く手を打てよ!って話なんだけど。

あと、たくさんの友達や元同僚や元上司だとかに会ったんだけど、なにかと大変な東京で自立して仕事も生活もがんばってる知人たちはえらくてすごいと思いました。
わたしみたいに、中国いってます!っていうと、わかりやすいっていうか「すごいね~」ってよく言われるんだけど、東京で生活しててもそういうふうにほめられることってないでしょ。たぶんねぎらってくれるのは田舎の親だけ、みたいな。
東京で自立して生活してる人たちはもっとほめられていいんじゃないかな。

なんてことをつらつら思いました。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-08-30 23:33
今日、家の近所でCD屋をみつけました。
小さい店なんだけど、オーナーは音楽が好きなんだな、と思えるラインナップ。
そこで発見してしまいました。「TIESTO」のVCD!
オリンピック開会式までわたしは名前すらも知らなかったのだけど、事前情報の盛り上がりをネットでみて、こりゃーチェックしなきゃいかん、と思ってたのに当日爆睡。
中国でその後開会式が再放送されることは二度となく(ヤオミンの旗手姿はいやっちゅうくらい見たが)、あ~惜しいことをした!と思ってたのです。
で、VCD2枚組を30元で購入。(あとで調べたら2003年5月10日にオランダのサッカースタジアムで8時間ぶっ続けでやったライブでした)

きゃあああーー、カッコよすぎ!!
わたしはトランスとかレイブとかには特に興味はなくて、彼の音楽がそういう範疇にはいるのかよくわかんないけど、彼の音は、すごく躍動感があって、かつアタマもココロもノックするようなヒューマンな感じがしました。もう勝手に体が動くね。
コンサートの演出ももちろんカッコいい。コラージュしたような映像と、光と、闇が音とシンクロしたり、サンバにあわせてリオのカーニバルみたいな女の人とかいろんなパフォーマーがでてきても彼の世界観は崩れるどころか広がっていく感じ。

開会式で彼をスタッフィングした人、マジでセンスいいな~!!
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-08-22 23:55

洗濯には気をつけよう

昨日、瀋陽出張から戻ってきました。
瀋陽は、事件のイメージにひっぱられて、街が「すすけて」て、「がさついてる」ところかと思ってたんだけど、そんなことなかったです。さすが遼寧省の省都だけあって、りっぱな都市でした。発展段階にある町の勢いをひしひしと感じるところでした。
中国で生活していても、よくないイメージを引きずってしまってたくらいだから、日本からの観光誘致にもけっこう影響しちゃってるんじゃないでしょうか。イメージって怖いなあ。
今回生き帰りは汽車を利用したんだけど、広州で生活していたときに「駅」「汽車」はおそろしいものという刷り込みがされていたので、今回の汽車も利用するまでちょっと抵抗があったんだけど、ぜんぜん普通。というか華南がおかしいのだろうか。
広州駅近辺はおそろしくて近寄れないし、深セン駅なんて、まじ怖いっすよ。駅前の歩道橋で真昼間に日本人男性が刺されたって話も聞いたし、盗みや詐欺は日常茶飯事。
瀋陽にいく、というと大連人から「気をつけて」とよく言われたけど、普通にしてたら大丈夫そうでした。

で、今日出張のにもつをかたづけて、さっき洗濯したんですが・・・
洗濯機をまわしおわって衣類を手にすると、細かい紙くずがいっぱいついてる。
紙切れやティッシュをポケットにいれて洗濯するとやってしまう、あれです。
で、気がつきました。汽車のチケットをポケットにいれていたことを。
こっちは汽車の切符はもって帰れるのです。
で、これが何を意味するかというと、出張清算が困るのです。
切符が発票(領収書)がわりなので。
・・・やっちまった。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-08-22 16:07

忘れ物

いま瀋陽出張中です。
瀋陽はかなり都会!そして、清の時代の建造物がいろいろ残ってて、街に風格がある。
かなりわたしのツボに入る街。
瀋陽在住の日本人と話すと「瀋陽いいですね~」「いやいや大連のほうが」と謙遜しあってるんだけど。

昨日の朝、8時の汽車のチケットをとっていたのだけど、前の晩はテレビをみたり調べものをしたりで、あんまり寝れなかった。
もともと朝よわくて、ぼーっとしながら支度して外に出ると、けっこう涼しい。
風がふきぬけていく。
なんか忘れ物をしてるような気がしたけど、頭が働かない。
駅について、ようやく気がついた。
忘れた。ブラを。してくるの・・・・
そりゃー風もふきぬけるよな、と納得。

出張先からパソコンにむかってて、なんかほかにもっと書くことあるだろう、という気がする。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-08-20 18:55

帰国と出張と

明日から瀋陽に出張します。
初瀋陽なのだ。
で、来週は日本に一時帰国する。
どっちも結構準備が必要。
スケジューリングして、アポイントをとって、情報を集めて。

瀋陽は一説によると「第二の上海をめざしてる」とかって話があって、
どのくらい発展してるのか、けっこう楽しみ。
日本では「脱北者領事館かけこみ」とか、きなくさいイメージしかないかもしれないが、大連では「これからは瀋陽が来る」と力説するひともいるのだ。
それに世界遺産に弱い私としては、瀋陽故宮もチェックしたいところ。

帰国に関しては、これはかなり気合がはいっている。
今年のお正月にも帰国したけど、東京と九州の実家と5日間で両方まわるという強引な
スケジュールを組み、3月に帰国したときも3日間でものすごくめまぐるしかった。
それが、今回は東京5日間である。興奮するってもんである。

・・・そしてオリンピックをやっている。

ネットで検索してると、その3つがぐちゃぐちゃに錯綜する。
さらに芸能おたくなので「織田裕二また月九」「タッキー義経出動」とかわたしの生活になんの影響も及ぼさない情報を見てしまう。

わたしって実は幸せな人かも。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-08-19 00:28

水が出ない

もう文字通りなんだけど。
朝起きて、シャワーをあびようとしても水がでない。
ほかの蛇口からも水がでない。
これは、かなり凍るね~
水道代を滞納したっけ?とか告知あったっけ?とか頭が??だらけになりながらも、とりあえず電気はとまってないことを確認。
マンションのお掃除のおばちゃんに聞きにいったら「壊れていつ修理できるかわかんない」そうな・・・
なんだよそれ?という怒りと、うちだけじゃなかった、ということの微妙な安心と、こんなでかいマンションで何百人もの人が水がなくて平気なんだろうか、すれ違う住人はなぜ平気な顔をしているのか、そもそもこのいつもどおりの平穏な静けさはなんだ、とかいろんな感情がかけめぐる。
そのあとようやくどうやって支度するかということに頭がシフトした。
しかたなくコップ1杯の飲料水で顔をあらって歯磨きだけはして、服をきて化粧をするのだが・・・
ものすごく何かに負けている気がして、気持ちも体もこのまま出社するのを拒否するのである。
それは、今日の服のくみあわせはいまいちだな~というときに感じる「負けてる感」の比ではない。
観光にいって、ここは水が少ない土地だから風呂に入れない、というのとは意味が違う。
結局しばらく葛藤したあとに水は復活したのだが。

ライフラインがなくなることの恐怖と、社会生活を送る上で水がいかにメンタルに影響するかということを実感した朝でした。
トイレの水はどうなんだ?という質問に対しては、ここにはかけないようなものを目撃してしまったので、もう今日は冗談もでないっす・・・
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-08-17 23:55 | 大連生活

CCTVで見る今日のアテネ

なんかCCTVウオッチャーのようになってきた・・・

今日気がついたこと

・ヤオミンの声は馬場ににている(気がする)

・中国のお家芸は「射撃」と「重量あげ」。
さっきまでCCTV1は射撃、CCTV5は重量挙げが独占。
しっかり金メダルも獲得。
しぶい・・・

・今日、かなり目立っていたのは、昨日女子柔道52キロで金メダルをとった人の「コーチ」。
優勝直後にマイクをむけられ、ひとことも発せず涙をにじませて、「ちっす」と手を上げてカメラの奥へと消えていった・・・角刈りのおじさんであった。けっこうかっこよかった。

・アテネに応援にでむいている中国人がこわい。「中」「国」とほほにフェイスペインティングをして五星旗をからだにまきつける人を見ると、アジアカップを思い出す。
なぜ同じペインティングでもラテン系とこうも違うのか。

・昨日の男子バスケでアメリカが負けた映像をこまめにながしている。
アメリカが負けてそんなにうれしいのか。

かんじんの競技のことに触れてない。(触れられない)
今日みた競技。・重量挙げ ・射撃 ・女子ホッケー ・フェンシング・・・
これからようやく競泳である。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2004-08-17 01:25