昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旅行の予習と健さん

5月1日からの休みに雲南省に行きます。
なのでこれは予習しておこうと思い、「単騎、千里を走る。」を見ました。

ストーリーの荒さは目をつぶるとして、
やっぱ健さんすげーーー
といっても私は彼の映画は数えるくらいしか見てないのですが、
パブリックイメージどおりの健さんが中国映画に主役として登場するってのは
すごいことだと思いました。

普通に考えるとムチャクチャな要求を健さんはいたるところでかますわけですが、
たとえば監獄にいる囚人をビデオにとるんじゃー!というのはコメディーにもなりうるし、
父親にあったことのない子供を父親のもとに連れて行って引き合わせようというのは
暑苦しいドキュメンタリーにもなりうる。
そんなことをみじんも感じさせずに朴訥なおやじっぷりを見せてくれる健さんってすごくないですか?

中国人と健さんの掛け合いもいいんだよなあ。
中国語がわからない健さんのもどかしさも、そんなことおかまいなしに
まくしたてる中国人も、健さんの通訳の日本語と中国語のつかいわけも、
けっこうリアル。
日本の字幕がなるべく忠実だといいんですが。

100点ではないけど、いい映画だと思います。
チャン・イーモウが非常に健さんをリスペクトしていることが画面からあふれていると
わたしは感じました。
なにより、日本人をこんなにも好意的に(しかも主役で)描いた中国映画はいままでおそらくなかったことに対して、日本でもっと評価されていいと思います。

えーーとわたしはなんでこんなに熱くなってるんだ?
そうそう、この映画に刻まれた麗江の美しさを自分の目でたしかめて来ようと思います。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-04-27 01:45

胡同フォトジェニック

胡同移住計画にむけて、着々と・・・なんの策も練ってないのですが、
先日「胡同の会」ってのに参加しました。
胡同をゆっくりと巡りながら、貴重な建物や文物を見つけたり、昔の生活に思いをはせたり、
非常にシブイ会です。
そこで出会った女の子。a0037789_017060.jpg
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-04-24 00:20

信じるチカラ

最近わたしが発揮したプチ超能力を披露します。

・労働節(中国のお休みでG.Wみたいなもの)に雲南省に行こうと思ってて、
あー旅行の資料ほしいーと思った直後に、通りすがりの旅行代理店の中国人から旅行パンフをもらった。

・日本の雑誌が閲覧できるところでくつろいだあと、
あーやっぱ日本の雑誌をたまには買って自分の手元においときたいー
と思った10分後に、全然違う場所で「Domani」をもらった。

・最近やっとCDデッキを買い、結局藩瑋柏(ウィルバー)ばっかり聞いてるわけですが
中国は音楽番組がぜんぜんなくて、
あー台湾いたときみたいに動くウィルバーみたいー
と思った3分後にCCTV(中国国営テレビ局)にウィルバーが登場した。

・・・小さい、小さすぎる。。。どこが超能力じゃ!なんていわず、大目にみてください。
大事なのは、これを偶然と思わずに、強い思いには引き寄せる力があると認識する(思い込みともいう)ことなんじゃないかと思うこのごろです。
そもそも、ほしいものが小さすぎるという話もあるが・・・
こういうことで幸せになれるからいいのだ!
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-04-18 01:31

Tiesto 来京!

わたしが好きな有名人(芸能人のぞく)に宮嶋茂樹とか大前研一がいるのですが、
もうひとりTiesto(ティエスト)というオランダ人DJがいます。
彼は、アテネオリンピックの開会式の選手入場の際にDJをしたという
前代未聞なことをなしとげたすごいお方です。しばらくのあいだ世界ナンバーワンDJでした。

なんのことやらよくわからないと思いますが、
わたしもクラブとかあんまりいかなくてこの方面には明るくないのですが、
このTiestoが中国に来るというんです!
シンセンから中国内を北上して6箇所回るツアー。
オランダでは数万人を集めて一晩中プレイするような人が、なぜ中国のこんな小さい
会場を精力的に回るのかナゾですが、ツアー最終地は北京。
ああ、北京にいてよかった。
当日、この年にして夜中3時半まで踊り狂うという暴挙をなしとげました。
彼のハッピーなオーラを目の当たりにして、幸せだーー

ところで、このときに日本人とインドネシア人の若いもんに混じっていったのですが、
ガンガン音楽がなりひびくなかで、あるインドネシア人の男子から
さかんになにか聞かれました。
聞こえないし、酔っ払いだし、答えなかったんだけど、
彼は携帯をとりだして、おもむろにメールをうちはじめ、見せられた画面は。。。
「wo shi 24, ni ne?」(僕24歳、君は?)
ほっといてくれ!
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-04-12 16:56
レスリーの命日に、北京のおんぼろ映画館で「さらば、わが愛(覇王別姫)」を
上映してたので、なにかに引き寄せられるように行ってきました。
映画館がおんぼろならフィルムもおんぼろ!
まるで始終どしゃぶりのように、画面上に線がはいってました。しかも途中で中断。

映画が始まってから気づいたんだけど、字幕がないー。
台湾では中国映画でも中国語の字幕がついてたから慣れちゃってたけど、
そういえば、以前大連で「2046」をみたときも字幕がなかったような。
でも、その分映像にすごく集中できました。
公開時にみてたのでなんとなく覚えてたのと、ストーリーがそう難しくないから
ことばはだいたい推測で。

レスリー、美しいー!
上目遣いに見上げるときの目線とか、指先とか、もう動作のひとつひとつが。。。
チェン・カイコーはとんでもない映画をつくったもんです。
私の中のすっとこどっこい映画「無極」とはえらい違いだ。
中国の動乱の現代史とか、京劇とか、レスリーとか、知りたいことがいろいろ増えました。

前回買い物を宣言した直後に映画館に向かったので、買い物失敗しましたー
なんか買わないととあせって、30元(約450円)のパジャマを買った以外、何も買ってません!
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-04-05 00:49

生活にうるおいを

北京に来るときに、極力荷物を少なくしました。
けっこうな送料がかかるから、それだったら北京についてから調達するほうが安上がり、
っていうのと身軽でいたかったからです。
はじめて中国に赴任したときには、段ボール15箱くらい送ったのですが、
大連に異動するときにはそれが倍になってた、というわたしが
今回は段ボール2箱でした。

いずれ宿舎から引っ越そうと思ってるので、いまだにあまりモノは増えてません。
だけど、、、
1ヶ月半ちかくこの状態で生活してると、
生活にうるおいがないな~って思いはじめました。
本は中国語の参考書と中国のガイドブックだけ、
服は年中着回しがきいてガンガン洗濯できるもの、
4足のくつとわずかなアクセサリーと香水のボトルがひとつ、

そしてこの部屋には音楽も料理もどっかりと座れるソファもない、、、
(そもそも冷蔵庫がない)

留学生の生活なんてこんなもの、昔にくらべれば携帯もパソコンもあるし
ずいぶん便利になったのでしょうけど、便利さとは違うベクトルで、
心がなごんだりうるおったりするのは、生活を維持する上で必要最小限のモノを
はみ出した部分にあることに気がつきました。

なので、今週末はとりあえず女子度の高い服とCDデッキを手に入れたいと思います。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-04-01 12:32

天津タイムトリップ旅行

昨日、天津に観光に行ってきました。
北京から電車にのって1時間半、中国の4大直轄都市のひとつです。
中国のどの都市も開発がすごい勢いで進んでますが、天津の
スクラップド&ビルドもすさまじいものがありました。
戦時中の租界地だったせいか、どことなく洋館風だったり細工が細かい建物が
点在していたのですが、保存状態がよくなくてかなりガタがきてる感じ。
さらにそういうところはどんどん壊されてるようで、昔風を模したあまり風格のない観光地に
なっていたり、広い更地になっていたり、新しいものと古いものがいれかわるちょうど過渡期の
ような感じでした。

もともと歴史の残る街並みが好きなので、ついついそういうところに足が向いてしまうのですが、
広い大通りを気の向くままにすっと小道に入ってみたら、
そこは北京でもお目にかかれないようなオールドタウンでした。
もう人が住んでいるのかどうかもわからないような崩れっぷり。
でも、こういうのってわくわくしちゃうんだよなあ。
そして見つけた、掘っ立て小屋に毛がはえたような超レトロ演芸場。
題目はよくわかんないけど、4元(約60円)で京劇が見れてお茶付。
おそるおそる入ったら、ほとんど光のはいらないうすぐらい客席に
数十人のおじいちゃんたちの姿がうかびあがる。
補修に補修を重ねたような、手作り感ありありの舞台。
そして伝統楽器の伴奏が始まり、ここで京劇が見れるなんて、という期待と裏腹に
登場したのは、おめかしした田舎のおばちゃんだった。
・・・どこが京劇??
ようやくわかったのは、京劇中の歌をいろんなおばちゃんが披露して、それをおじいちゃんたちが品評する、というようなことでした。
その品評が粋なんです。
この人の歌声はいい、と思ったら10元(150円)をさっと係員に手渡し、その回数に応じて
舞台上に花が並ぶんです。
なんでこの人が?と思うような民謡風のおばちゃんに10数本の花が並ぶことも。
・・・まるで、まるで、昔の映画に出てきそうな、タイムトリップしたかのような出来事でした。
この演芸場、明の時代に建てられて、もう700年経ったとか。

道を隔てた先には、数十階のマンションや大型スーパーがそびえている。
いまにも消えてなくなりそうなこの一帯は、1年後もあるだろうか?
外国人の勝手な感傷だけど、この演芸場もこの路地も、ずっと残ってくれたらいいなあと思いました。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-03-26 15:08

新聞を読もう!

やっぱ、しつこい風邪にはシーヤオです。シーヤオ!!コーセーブッシツ!!

医者にだされるがままに中薬(中国の薬、漢方薬)を飲み続けても一向によくならず、
点滴で一瞬回復したもののすぐにぶり返し、
「頼むから西薬(西洋の薬)をください!!」とお医者さんに頼んで抗生物質出してもらったら
一発で直りました。
しかし、1日1錠でいいという強烈な効き目のせいか?胃をやられましたが。
これで全部の毒素を出し切ったと思いたい。。。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今日、1ヵ月半ぶりくらいに日本の新聞を手にしました。
1週間分まとめ読み。
ネットでヘッドラインしか見ていなかったWBCのこととか、世間の出来事がだいたい
わかりました。
読むまでは、北京で中国語の勉強をしている一留学生の自分と、
世界のどこかで死闘を繰り広げ人々を熱狂させていた野球など
1ミリの関係もなかったわけですが、
知ると他人ごとでなくなるわけで(もう終わっとるが)
誇りとか感動とか勇気をあたえてくれるこういう出来事に触れるためにも、
また、頭を使うためにも、
やっぱり新聞は読まないといかんなーと思ったしだいです。月並みですが。
(大連時代と同じく、NHK映らない、新聞手に入らない、ネット環境劣悪下で生活中)

にしても、胴上げの瞬間や、熱く語るイチローの姿を、生で見てみたかった!
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-03-24 00:56

病院にいきました

風邪をひいてしまいました。
友人と北京ダックを食べにいったあと、同じタイミングで発病したのですが
まさか鳥インフルエンザではないことを祈ります。

薬を飲んでも安静にしても一向によくならず、ついにまたもや声が出なくなり
(前回から2ヶ月も経ってないのにー。しかも今回はカラオケも不摂生もしてないぞ)
昨日学校の中にある病院に行きました。

大連のときの経験で、中国の地元の病院がどういうものかはだいたい想像は
ついていたのですが、やっぱわけわかんね。
受付を済ませたあと、内科にいくようにいわれたのですが、番号カードがあるわけでなし、
しかしみんな勝手に早い者勝ちで診察室に入っていきます。
わたしもようやく入ったら、女医から「順番待ちしてる人がいる」と言われたのですが、
ずっと待ってんのよ、と主張してやっと診てもらえることに。
その後も血液検査やら尿検査やらであっちこっちを行き来するのですが、
また女医のところに戻ったら「点滴するから午後またわたしのところに来なさい」と。

午後出直していったら、その女医はもう帰宅していました。
別の先生に言って点滴してもらうことに。
その先生曰く「あと2日来なさい」と。そんな大事なこと女医は言ってないぞ。
そして、点滴を打ったのですが、テレビのおいてある普通の待合室の座席に座ったまま
3本のビンを打って3時間。長すぎる。
さすがにトイレにも行きたくなるわけで、看護婦に点滴を高く掲げてもらったままトイレまで
移動して、用をたすときはトイレのフックに点滴をぶらさげて片手でもろもろの動作を行う。
ちなみに、点滴の針は手の甲に刺してるのです。
終わると、手を洗う猶予ももらえず、さっさと待合室へ。
ようやく1回目が終わって、座り疲れでぐったりはしたものの、やっぱり点滴が一番効くようです。

そして今日、2日目。
また出費は学生にとっては痛いなーと思いつつ、今日も3時間。
帰り際にお金を払おうとしたら、昨日の会計で点滴3日分インクルードされていたそうな。
女医の処方箋がそうなっていたらしい。女医、何にも言ってなかったぞ。

多少声もでるようになってきたのですが、なんとなくわかったのは、
順番取りは自己中心的に、自分の順番が来たら人生相談かというくらい医者と
ながながと会話し、あとの検査やら点滴は顔なじみのじいさんばあさんと世間話をして
のんびりやりすごす、というのが正解のようです。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-03-18 19:45

砂ぼこり

北京ではいたるところで工事していて、かつ乾燥が並じゃないせいか
砂ぼこりがすごいんです。
ちょっと外を歩くと、鼻の中がまっくろになります。
この空気を毎日吸ってると、肺の中もまっくろになりそうでちょっと不安です。

家の中もけっこう砂っぽくなります。
ほうきだと砂が残るような気がして、クイックルワイパーを買いに行きました。
一応、なんちゃってクイックルワイパー中国版みたいなのがあったので買ってみました。
しかし、、、シートが厚すぎる。
厚くて硬くて必要以上にデカイのでギザギザのところにはさめません。
中国の製品にたいしてわたしもだいぶ寛容になりましたが、さすがにムカつきました。

日本から来る人がいたら、クイックルワイパーのシートをおねがいします。。。
あとパンシロンも。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-03-12 15:36