昨年10月からこのブログ放置してました。。そろそろ書こうかな。


by yokoyoko10
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

台湾北海岸への小旅行

行こう行こうと思いつつ、アクセスが面倒そうなので行ってなかったところ・・・
台湾の北海岸。
へんてこ奇岩があるらしい野柳、
台湾の歌姫、テレサ・テンのお墓、
お金持ち芸術家が私財を投じてつくったらしい美術館・・・
どれもこれも心惹かれるじゃないですか。

ネットとか中国語のガイドブックで調べても、車で行くのが普通らしく
バス利用がいまいちよくわからない。けど、とりあえず向かってみました。

まず基隆までバスでいく。

金山行きのおんぼろバスにのりかえて、野柳で下車する。
(車内アナウンスなし、目立つ観光物もバス停付近は一切なし。なんとなく運転手に
「どこで降りるの?」と聞いたらそこが野柳でした)

10分ほど歩き、海岸に近づくと多少観光地っぽくなってくる。
すっかりさびれた水族館?「海洋公園」の横に自然公園の入り口があった。

こ、これは・・・面白いです!
きれいに整備されてて、非常によくできた公園です!
へんてこ奇岩がいっぱいあります!
なんでここがもっとクローズアップされないんでしょうか。
クレオパトラの横顔に似てるらしい「女王頭」の前で写真をとり、満足して次の目的地に向かう。
(ほんとは長細い岬なんだけど、岬の途中の女王頭をみて終了)

またバスにのり、金山へ。
ここはメインストリートからちょっとウラに入ると、かなり活気のある老街になってました。
かるく散策。

そして、タクシーと交渉して、まずテレサ・テンのお墓につれていってもらい、
そのあと朱銘美術館でおろしてもらうことに。

テレサのお墓は、小高い山の中にありました。ここは高級墓地のようでした。
テレサの澄んだ歌声が流れ(わたしが行ったときは「襟裳岬」)、丁寧に清掃されていました。
合掌。

で、朱銘美術館へ。これも山の奥深くにあります。朱銘という彫刻家が自分の作品を
展示するためにつくった私設美術館のようです。
にしても、ひろ~い!!イメージとしては、箱根彫刻の森美術館です。
つい最近、彼は新しい彫刻のシリーズに取り組んだようで、その成果を目の当たりに
することができます。もう相当いい年のおじいちゃんだと思いますが、あまりに
エネルギッシュですね。とにかく、館内のいたるところに「○○」が・・・
すごすぎ。

で、美術館を5時に出るバスにのって、6時過ぎには台北に到着しました。

このコースはおすすめです!!
夏とか、日が長いときには、美術館のあとに金山にもどって、そこから北海岸線に
そって走るバスにのって、淡水に到着する、というのも非常にオツだと思います。
車がなくても、けっこう楽しめます。こういうバス旅行、悪くない。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-01-15 11:04

持ち物バトン

あと2週間ほどで台湾を去ってしまうのですが、「異動を命じられた駐在員のようなキモチ」で
動くべくして動くという心持で日々すごしてます。
・・・誰からも命じられてないんですけど。

さて、いままで不義理でいくつかのバトンをとぎれさせてしまったので、
今回はいただいたバトンをつなげてみようと思います。

● 財布はどんなのを使ってますか?

 1年半前にシドニーにいったときに、ふらりと入ったヴィトンで日本人店員から
「これ、『新色で最後のひとつ』ですよ~!!」と言われ、買ってしまったヴェルニ。
中国で使っていたらあっという間に汚れた。

● 携帯電話はどんなのを使ってますか?

 2年位前に広州で買った、700人民元の「KONKA」。安ければなんでもよく
中古品を買おうとしたら、友人から「中国人の手垢のついたものを使うのか」と
とめられて新品にした。が、今度は別の友人から「KONKAって・・・
日本で言うところのFUNAIでしょ」とバカにされる。
いまだに使ってます。

● 使ってる携帯ストラップは?

 彼からもらったリラックマ。正確にいうと、コリラックマがリラックマの帽子をかぶっている。

● 手帳って持ってますか?

 毎年すごく探す。今年は台湾メイドのいけてるやつを探したが、納得できず
結局city suparで見つけた日本製にした。

● バッグはどんなのを使ってますか?

 中国にいたとき、ブランドものを持つとニセモノにしか見えないので
間に合わせのバッグに切り替えた。結局そのまま・・・
ちなみに今のは大連のイトキンビルで買ったもの。

● バッグの主な中身は? 持ち物は…

  財布,携帯以外だと、学生なので教科書・ノート・電子辞書・ipod・授業録音用の
ボイスレコーダー、折りたたみ傘(台北では必須)、デジカメ、
経済記事のコピー(勉強しなきゃ!)、さらに今見たらJayの歌詞カードが入っていた。

● 持ち歩いてないとダメ!!というものを3つあげましょう。
 
 手帳、デジカメ、化粧ポーチ(万能薬の「清涼油」とか風邪薬が入ってる)
携帯のプライオリティは高くない。
 
● これをまわす5人は?

 なのさん、yoichiroさん、koyo-leeさん、shandiさん、こっぺさん
もしこれみたらよろしくおねがいします。
(日本、台湾、北京、アメリカのワールドワイドでいってみました)
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-01-12 19:48
今日は映画を見にいきました。
「無極 PROMISE」です。
「如果・愛 PERHAPS LOVE」といい、中国映画でありながら、(というか出資とかの
境界もよくわかんないのだけど)
キャストやスタッフがアジア全域ってのがこれからのトレンドなんでしょうか。

「無極」・・・チャン・ドンゴン(韓国)、真田広之(日本)、ニコラス・ツェー、セシリア・チャン(香港)
・・・大陸人がいないっす。
香港人も、母国語は広東語であり、彼らの普通語はかならずしも流暢ではないわけです。

ちなみに「如果・愛」・・・金城(台湾)、周迅(中国)、張学友(香港)、池珍煕(韓国)

いずれも舞台は中国なわけで、登場人物はみんな中国語(普通語といわれる標準語)を
話してるのですが、なんか不自然で入り込めない・・・
そういう意味では、ウォン・カーウァイの広東語、普通語ちゃんぽんのほうがなぜか普通に
思えてくる。

この手の「アジア人スター結集」ってやつは、アジア各国で公開するための方便なのかな?
(わたしの友人は「中国人の陰謀だ」と言ってます)

さて、「無極」・・・チェン・カイコーってこんなにヘンテコテイストだっけ?
「カンフー・ハッスル」のありえなさをさらに超越したありえなさになってました。
ストーリーはチャン・イーモウの「ヒーロー」を数十倍わかんなくした感じ。
アクションは「グリーン・・・」と「マト・・・」を足したような。(もう伏せてもしょうがないか)
ドンゴンファンは・・・なにか共感できる部分を見出せるのでしょうか?
個人的見所はニコラス・ツェーのクールビューティーぶりでしょう!
(だって美しいんだもん!!)
そして「ポリス・ストーリー」に続き、本気で首を絞められるシーンでしょうか・・・

台湾人にも感想を聞きたいです。
ただ、わたしは映画終了後に、文字通り頭を抱えている台湾人を目撃しました。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-01-03 00:59

新年快楽!

あけましておめでとうございます。

今年は台湾で年を越しました。
こちらは旧正月が日本で言う正月にあたるので、
年越しといってもあまり特別な意味はないみたい。
年末年始の気ぜわしい感じとか
掃除したり年賀状書かなきゃ、とか初詣とかおせちとかなんやらかんやら・・・
とにかく、「正月」感ゼロ!新しい年を迎えたというすがすがしい感じも限りなく希薄!

年越しのための伝統行事はまったくないようですが、おそらく海外の影響なのか
年越しイベントは一応あります。
台湾の主要都市では、有名歌手の無料コンサートを開いたり、
0時きっかりにカウントダウンをして花火をあげたり、という感じ。
台北市では、世界に誇る「世界一高いビル」101で花火があがりました。
とにかく、101の一点にむかって、台北中から人が車がバイクが殺到し、
もうパニック状態。みんなダッシュダッシュ!!
いまだかつて見たことないほどの渋滞で、結局家から徒歩で行きました。
(うちから徒歩30分なのだ)
わずか数分のカウントダウン花火を見た後は、こんどはいっせいにみんな帰宅。
さらに激しい渋滞になり、またもや徒歩で帰宅。

しかし、台北市にひとこと言いたい!
交通渋滞は容易に想像できるんだから、もっといろんな場所で動員力のあるイベントを
分散させたらどうなんだ!!

・・・新年からつまらん話で恐縮です。

えっと今年は2月から北京で新生活を始めます。
台北での1ヶ月弱の残り少ない時間を、楽しく過ごしたいと思います。

じゃあひとつ今年の目標
HSK8級。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2006-01-01 22:10

RAIN 参上!

今年もあと2日ですが、台湾はまったく師走感ないです!
こっちでは1月末の旧正月が、日本でいうお正月にあたるので、
いつもどおり普通に授業に行ってます。

ところで、今日はRAINのコンサートがありました。
スーパースターと言える人を確かにこの目でみた、という感じ。
ひとりの人間の声と体(上半身裸が数回)が2万人のいる会場を包み込んで、
この吸引力はなんなんだろう。
あと、なんだこりゃ~という演出も数回あったり、
しかも演出かと思った停電は、ホントの停電で、中断すること10分弱。
でも、何事もなかったかのように再開し、完璧に最後までやり遂げました。

そして、なんと、すべてのトークが中国語だったのです。
韓国語を封印し、通訳の手を一切借りず、彼は自分のことばで
ファンとたくさんコミュニケーションをとりました。
彼が発した言葉は、「イニシャルD」のジェイより多いはずだ~
(ほんとだってば!)
たどたどしさはご愛嬌、彼はとてつもない努力をしたのでは。

RAINにパワーをもらったので、わたしもがんばるぞ~!
[PR]
# by yokoyoko10 | 2005-12-30 01:00
昨日の夜、北京から戻ってきました。

香港は、WTOの会議と完全に重なり、デモに遭遇。
先週の土曜の夜は、反WTOの韓国人の暴力デモでえらい騒ぎだったようです。。。
が、このときわたしは、地上20階の超高級マンションで鍋をつついておりました~!!
尖沙咀に立地し、ビクトリアハーバーを見下ろす夜景はペニンシュラも真っ青!
この夜景をたった1日手に入れるために、ホテルに何千ドルものお金を払う人がいる一方、
毎晩家から眺めている人もいるという現実に、「ありえない、ありえない。。。」と
ぶつぶつつぶやいてしまいました。

クリスマスイルミネーションも美しく、街やショッピングモールのいたるところにツリーが。
こんなにありすぎて飽きないのだろうか。
台湾に、いや近隣の深圳や東莞にわけてやってほしいものです。

香港から北京に移動するときに、中国どうなってるんだろう?と期待と恐怖が入り混じった
気持ちだったのですが、、、
エアーチャイナのスッチーのサービスはちゃんとしている、
乗客もいたって静か、

北京に降り立っても
トイレは割とキレイ、(紙もある)
レストランのサービスもちゃんとしている、
タクシーもきれい

と、なんだか拍子抜けしてしまうくらい、意外とちゃんとしてました。
1年前より、ハード、ソフトともにレベルがあがってるような。さすがオリンピック効果?
とはいいつつも、今回は友人一家のおうちにお世話になっていたので、
そのほのぼの空気とか居心地の良さでだいぶフィルターをかけて北京を見ていたような
気もしますが。かなり気分よく北京で過ごせたのでした。
ただし、交通渋滞はほんとにサイアク。
そして、巻舌、わかりまっしぇん・・・

北京では最近ネット占いにはまっているという、外資系ヤンエグ(またも死語)から
「あ~、おまえ今年幸運期だったんだよ(過去形)。
来年・・・停滞期だって。来るのやめたら?」
と言われもしましたが、まあだいたい今後の方向性は決まりました。
とりあえず、春に向けて、動きます。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2005-12-22 19:07

FLY TO HONGKONG & BEIJING!

明日から香港経由で北京に行きます。

もともと北京で仕事をしたいと思っているので、今回は現地のリサーチ。。。
というとえらそうに聞こえますが、次学期以降の中国語学校の下見をしたり
知人に会いにいくのです。

香港で乗り換えがあるので、せっかくだから一泊してきます。
なんてったっていまはクリスマスシーズン!!
2年前広州にいたときに、広州の「ぐだぐだクリスマス」に悲しくなり
香港脱出して「素敵~!!」とさけびつづけたのを思い出します。
(その後、広州とのあまりの格差にそれは怒りに変わる)

そして北京!
あの空気感とか街の風格がかなり好き。
1年ちょっと遠ざかっているので、離れ離れになっていて会えなかった人に会いに行くような気持ち。
まあこの幻想にも似た思いは、空港についた瞬間に(あるいは香港から北京行きの
エアーチャイナの機内で)簡単に打ち砕かれると思いますが。
台湾にだいぶ染まってしまったので、どんな洗礼をうけるか、怖いような楽しみなような。

報告はまた来週。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2005-12-16 18:32

小さなタクシー問題

最近のタクシーにまつわる話。

1、おじいちゃんの運転するタクシーに乗りました。おじいちゃんの家族の話になりました。
わしの「アズー」がのう、イギリスにおってなあ。。。「ニーア」はなあ。。。(以上中国語で)
「アズー」?? 「ニーア」は「你呢?」(あなたは?)って質問されたのかなあ?
推測して、「ニーア」は「女兒」(娘)だとわかりました。

タクシーを降りてしばらくしてからようやく気づいたんだけど「アズー」は・・・「兒子」(息子)か!!
さらにわかったのは、思いきり遠回りされてました。。。


2、運転手さんは友好的な雰囲気で話しかけてくる人でした。
180元の料金に対して、200元だしたら「5元ある?」と。(このやりとりの瞬間に185元にあがる)
5元のおつりがないから、こちらに5元ださせて10元で返す、というのはよくある話。
わたしが「ない」というと、運転手は「没関係」といっておつりを10元くれたんですが・・・

おつり5元足りないし!
しかも「没関係」は本来わたしが「釣りはいらん」という意味でいうべき言葉だろ!!
いかにもぼったくり運転手なら、お金が足りないことをけんか腰でいうのに、このときばかりは
彼のそれまでの友好的態度と、あまりにさりげない「没関係」の前で敗退。
たかが5元でぎゃあぎゃあいってもしょうがないのだが・・・これは新手の「腰砕け」ぼったくり?

にしても、以前中国にいたときにも「タクシー問題」を書いたけど、ずいぶん違うものです。
多少のぼったくりはあっても、台湾のほうがほのぼのしてます。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2005-12-11 02:07
12月から新学期が始まりました。こちらの学校は3ヶ月で1学期制です。
そのたびに使用する教科書や先生、クラスメートが変わるので、気分も新たになるのですが
今回は4回目の新学期、かつ先生、クラスメートも知った顔で緊張感もないままに
スタートしました。
(よく言えば)それなりに台湾生活になじんできた、ということなのかもしれないです。

ところで、このブログは去年の7月に中国で生活していたときに始めたのですが
このブログにコメントを書いてもらったことで生まれたささやかなご縁があり、
その方が台湾に観光でいらしたことで、ついに初対面となりました!
(ジェイの話題がきっかけ・・・)
遠路はるばるサンフランシスコからのお客様。
お互いの生活のことを話したり、あたらしい刺激をもらったり、
今度はわたしがサンフランシスコに遊びに行くことを約束したりして
本当に楽しかった!

ネットやメールのやり取りは、現実とのギャップが広がってしまったり、
コワイ思いをすることもあったり、必ずしもいいことばかりではないけど
このツールがなければ出会うはずがなかった人ともこうして出会えたことに
感謝したいと思います。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2005-12-08 00:22
午前5:30。零下2度。たくさんの人が待っている。
暗闇の中を、ゆっくりと列車がやってきた。
列車は木々の生い茂る山の中を縫うように走り、山頂を目指す。
日の出をみるために台湾中からやってきた人たちをのせて。

阿里山に行ってきました。
すばらしかった!
あんな山の中に鉄道を通してしまうとは、むかしの人たちは大変な苦労をしたんだろうな。。
90年以上も前に日本人が建設したそうです。
ありえない~!!
そして、自然の保存状態もよく遊歩道の整備もすばらしい。
観光地にありがちな余計な看板やら売り子が遊歩道にいっさいないのもよい。
世界遺産級だと思います!

阿里山を見たあとに、ぶらぶらと旅を続けるつもりだったけど、
満足度が高すぎて帰路についてしまいました。
万博といったときと同じように、しばらく普及活動しそうです。
[PR]
# by yokoyoko10 | 2005-11-27 13:41